Home 環境にやさしい @日本語 環境に優しくキッチンキャビネットをデザインしましょう

環境に優しくキッチンキャビネットをデザインしましょう

by admin

キッチンで過ごすことが好きですか?私もです。仕事を終えて疲れて家に帰ったとき、体に良い食事をとって体と心を満たすことは、何ものにも変えがたい時間です。人は時に、トレンドやスタイルの変化、経年劣化などによりキッチンのキャビネットを交換しようと決めます。好みのデザインを選ぶだけでなく、家の空気を汚染しない、環境に優しいものを選ぶことが大切です。ここでは環境に優しいキッチンキャビネットを設計するいくつかの方法をご紹介します。好みの色やレイアウトやスタイルに沿ってデザインし、環境に優しい材料を選びましょう。

Designing your kitchen cabinets

何が環境に優しいのかを知りましょう

まず、どのようなキッチンキャビネットが環境に優しいのかを理解する必要があります。環境に優しいキッチンとは、再生が容易で、輸送も環境に優しいやり方で行われている原料から、環境に優しい状態で製造され、且つ仕上げに使われる仕上剤や塗料、下塗剤や接着剤なども環境に優しいものであることが条件です。これらの要素があなたの住環境に良い影響を与えます。

 

揮発性有機化合物を理解しましょう

残念ながら、リフォームで大半の人がもっとも重要視するのは、仕上がりの見た目です。しかしリフォームにあたっては、環境に与える影響にも配慮することが極めて重要です。現在手に入るキャビネットには、高濃度のホルムアルデヒドが含まれた材料から作られているものが数多くあるのが実情です。また、部品の接着に使われている接着剤に多くの場合毒性があったり、有毒物質を放出するホルムアルデヒドが含まれていたりして、これらが室内の空気を汚染します。大抵、ホルムアルデヒドの排出はキッチンで起こります。発がん物質としてしられるホルムアルデヒドを、決して室内に入れてはなりません。ホルムアルデヒドは、キッチンキャビネットを設置してから何年も経った後でも有毒物質を放出し続けます。

こうした有毒物質は、揮発性有機化合物(VOC)として知られています。キッチンキャビネットを選ぶ時には、VOCが含まれていないものを選びましょう。またキャビネットに使われるファイバーボード(細かい木材繊維と接着剤を高温で圧縮して作る板)にもホルムアルデヒドが含まれていないことを確認しましょう。

 

購入時にはキャビネットの原料を選びましょう

外装等級の合板(ホルムアルデヒドの放出量が少ない)と無垢材で作られたものを選びましょう。また、倒木や古い家から再生した木材を原料とするものを選ぶ方法もあります。再生木材は元々古い木ですので、キャビネットの品質は良いと言えます。高価ではありますが、環境に優しい賢明な選択です。堆肥藁から作られるウィートボードやファイバーボードも環境に優しい素材です。これらの素材にはホルムアルデヒドではなく樹脂が含まれています。購入にあたっては、その素晴らしい技術をチェックしましょう。

竹は、キッチンキャビネットの材料として私が大好きなものです。竹はしなやかで、様々なデザインのキッチンキャビネットからお好みのものを選ぶことができます。耐久性に富み、成長も早い素材でもあります。耐久性があり強いので、竹で作られたものは長持ちします。キッチンキャビネットの材料として、竹は他の固い木材よりも優れているのです。また、竹は節がなく柾目なため、堅くて傷つきにくく、メンテナンスにかかる費用を非常に低く抑えることができます。竹製の家具を良い状態に保つために、高額な出費をする必要がないのです。竹製のキッチンキャビネットは辛くて時間がかかる、退屈な掃除からあなたを解放します。軽くてお洒落な竹製キャビネットの外観は伝統的かつ清潔で、キッチンが他のことをやる場所にもなるでしょう。竹製のキャビネットは安定しており、素晴らしい仕上げが施されています。昔ながらのキッチンキャビネットを環境に優しいものに変えるには、竹を選びましょう。

 

環境に優しいキッチンキャビネットメーカーを探しましょう

ESP認証されたメーカーを選びましょう。この認証はその会社が環境に優しいキャビネットの供給能力を証明するものです。

新しいキッチンキャビネットにお金を払うとき、環境に安全なものを選ぶために少々多めにお金を払うことも考えてください。環境に優しいかどうかについて調べるとき、インターネットが役に立ちます。購入の前にgreencabinetsource.orgにログインして、環境に優しいキャビネットを製造しているメーカーを探してみましょう。地球の未来を守るため、私たち全員が環境に優しい製品を使うことを決断すべき時なのです。

Today's Top Articles:

You may also like