Home Uncategorized 料理をしている間にガスと食べ物を節約する、5つのシンプルなコツ

料理をしている間にガスと食べ物を節約する、5つのシンプルなコツ

by Ecofriend1874

料理は私達の日常生活の一部。日常的に行われていることであり、正しいやり方なら十分エネルギーの節約ができるものです。調理時に使う燃料の値段が急速に高騰している中、そうした燃料の節約は、かなりの金額の節約にもなります。家庭やレストランで、調理の目的でLPGガス、もしくは天然ガスが使われます。このタイプの燃料は、丸太や石炭を燃やすよりも簡単でよりよいものなのです。ですから、調理時に使う燃料を最適のものにするということが、私たち皆にとって重要なことなのです。
よく食べて、省エネもできる5つの簡単な方法

1.オーガニックなものを選ぼう

化学物質を使っていない食べ物を選びましょう。地元のスーパーから皆さんが買う、いわゆる新鮮野菜や果物には多くの有害な化学物質が含まれています。増え続ける人口の需要に見合うために、農業分野では化学肥料や農薬がたくさん使われています。オーガニック農業では、農家は合成化学物質を使いません。そのような製品を買えば、自分もより健康になり、より環境にやさしい農業を促進することにもなります。牛乳、卵や野菜といったオーガニック製品は、商業化された農場で生産されたものよりも、もっと美味しいです。皆さんの地元の農家から新鮮な野菜やハーブを買いましょう。そうすることで、地元の農家の収入が増え、よりよい質の製品を得ることができるようになります。

2.  残飯を再利用
残飯を台所のゴミ箱に捨てるのではなく、その残飯を使って何か美味しくてクリエイティブなものを作りましょう。食事の献立をあらかじめ決めて準備すると、燃料も大幅に節約することができます。 コンロを点火する前に使う野菜や肉を切っておきます。ロースとチキンの残りは、おいしいサンドイッチに使ったり、新しいグレービー(ソース)やスープに入れたりしましょう。台所の生ゴミは、家庭菜園の自然な堆肥として使うことができます。 残っている野菜を冷蔵庫で探し出して、それを使いきって野菜のストックを作り、後で使えるようにきれいなガラス瓶に保存しましょう。
3.   金属製の調理器具を買おう 
金属は熱の素晴らしい導体なので、調理時にはより少ないエネルギーを使い、食べ物をより早く料理してくれます。粘土(陶器)の鍋は熱を吸収するのに長い時間がかかります。オーブンでも使える調理器具を買いましょう。省エネの電子レンジで調理すればエネルギーを大幅に節約できて、調理時の燃料代を削減することができます。光沢のある外観の調理器具は買わないようにしましょう。
images
4.  圧力鍋を使おう
圧力鍋を使って沢山の料理を作ることができます。圧力鍋はとても省エネな器具で、蒸気を中に閉じ込め、水の圧力を上昇させることによって水をかなり高い温度まで沸騰させます。
5.  ヘルシーな食べ物を選ぼう
シュワシュワするコーラとポテトチップスの代わりに、新鮮な果物を食べればあなたの健康にも役立ち、汚染も減らすことができます。包装された食品や飲料の製造過程では多くの汚染物質が環境に排出されていて、また、環境の温度も上昇させます。

Today's Top Articles:

You may also like