Home Uncategorized ソーラーパワー製品の設置を簡単に安全に

ソーラーパワー製品の設置を簡単に安全に

by Ecofriend1874

技術

ソーラーパワーの需要は高まる一方で、将来的には20%まで増える見込みです。人気が高まる一方で投資に見合った見返りを受けられるように気をつける必要があります。最も大事なのは良い素材を選びデザインや生成過程にも気を配ることです。設置における簡単さや設置状況にメンテナンスの方法などがデザインをする際に重要になってきます。

どのように機能するのか

素材の選択についてみるときにパネルの素材が最も大事で、金属化ペースト、バックシートやカプセル素材があります。金属化ペーストとは太陽電池を使った電流を移動させるのに使うもので、高品質のものは出力効率を大きく向上させます。一方でカプセル素材は太陽電池を保護し電池の寿命を延ばします。バックシートはソーラーパネル自体を保護し長期間のパネル出力には欠かせません。したがってパフォーマンスと耐久性を過酷な屋外環境で発揮するには、バックシートはPVFでできている必要があります。

さらに、保障でカバーされる範囲は思っているより小さく、パネルメーカーはすぐ潰れてしまうことが多く、たとえまだ存在しても10-15年後には条件が変わってしまっているので保障の対称にならないことも良くあります。ですから保障に頼るのではなく耐久性に焦点を当てたほうが賢いのです。

最後に、製作段階でテストする耐久性は実際の使用環境での耐久性とは異なりますから、メーカーのいう耐久性もあまり当てになりません。さらにメーカーも品質を重視して絶えず新製品をリリースしているような会社を選びましょう。

利益

PVFは建築素材としては前例もしっかりしている信頼できる素材です。そのため今日でも広く使われておりますが、PETを使ったバックシートはあまり使い物にならないうえいろいろな失敗談も聞かれます。ですからPVFが最高の素材であるというのは確かです。

違いは

一時期は最高品質技術は投資家やシステムオーナーに限られて手にはいるもので、長期的な視野に立っては考えられていませんでした。しかし、短期でのフォーカスが業界の注目を浴びてからは安っぽい製品ではお金の無駄になるということがわかってきたのです。

Today's Top Articles:

You may also like