ゾウのフンで作った紙

エコフレンドリーライフスタイルは自然へのダメージを減らすところから始まります。木を切らないようにすることから始まりますし、これがもたらす効果は明らかです。このように、人類のライフスタイルは木にかかっています。つまり木なしではエコシステムのバランスが崩れてどうしようもないのです。一方で紙も私達の生活には欠かせないもので、それは木からできるものです。文学が発達すればするほど紙は必要になってくるのです。さらに一枚の紙を作るのに木1本が必要になってくるともいわれています。したがって、いろいろな方法で紙を作る必要があるのです。温暖化を引き起こさないようなゾウのフンから作り出した紙が発表されました。

解決策:

俗に言うようにどの問題にも解決策があるのです。つまり木を切らずに紙を作り出せばいいのです。最近では捨てられるような素材を再利用しているものが多く、専門家が手がける紙も続々開発されています。ゾウのフンから作り出した紙は普通の紙として使えます。さらに木を切らなくていいというのも大きいです。エコシステムを守りグリーンにいける見事な解決法です。

使用素材:

材料を聞くと馬鹿馬鹿しいと感じますが、これがカギなのです。ゾウのフンは脱色されてオーガニック薬品と混ぜ合わせて紙を作り出すのです。ゾウのフンから作り出した紙は自然界のバランスを守る画期的な発明です。これにより多くの木が切られなくて済み、木の再生にも一役買います。エコシステムのバランスを保つ上でも効果的です。

Today's Top Articles:

Scroll to Top