Home Uncategorized 『バイオニックアーチ』 ビンセント・カレボによる、台中市への環境保護の贈り物

『バイオニックアーチ』 ビンセント・カレボによる、台中市への環境保護の贈り物

by admin

Bionic Arch

歴史は、それが偉大な戦士であったかを目撃しています、または皇帝だったのでしょうか。 彼等は全て不滅となる事を望み、地球を去った後、何世紀もの間記憶に残る具体的な形で、印として残したかったのです。

私達の殆どは、自分達の生活に価値を与える、意味のある贈り物を楽しんでいます。 今は付加価値の時代です、贈り物の背後にある目的が、社会的で集合的に多くの人々に影響を与える場合は特にそうです。 このイデオロギーを念頭に置いて、政府は台中に特別な贈り物をしたいと思っています。 それは現代的であるだけでなく、来るべき時代に人々が驚嘆するようなものです。

政府はビンセント・カレボーの建築的偉業の新しさと新鮮さを認識していて、来るべき時代の運命を予言する空間創作力に、彼等の専門知識を使うよう命じました。

創造性は適格基準で正当化することは出来ません。 唯一の結合要素は自然と人間で、そのニーズが一貫して一致していれば創造と革新の目的は、かなり正当化されます。 政府は思想の自由を促進し、ビンセント・カレボー・アーキテクチャーに、ユニークな高層建築を自由にデザインさせ、それは台中の人々の生活を擬人化しています。

バイオニックアーチと呼ばれるこの高層建築の明確なメッセージは、要約すると、人間と母なる自然は常に調和して生きて行くという事です。 全ては何らかの認識論理で、同じ様な正しい発想は周りの世界から来ています。 青い空、緑の木々、太陽の日差しと透き通った水等、構造に最後の顔を与え、崇高さを統合しています。 構造を遠くから見ると注意を引くものではありませんが、経緯あるものです。 そして政府の、人類への恩恵と、環境保護についての認識を広めるという夢は達成されました。

 

Via: エボルボ

Today's Top Articles:

You may also like