家庭でエネルギー節減する、7つの未来的テクノロジー

environment conservation

国家レベルの環境保全方針に焦点を当てる前に、まず自分の家から始めましょう。 科学は、太陽エネルギーや地熱エネルギー等を使って、エネルギーを保存する方法を実証しています。 しかしそれらはまだ、日常的に適用されていません。 変更する事に抵抗を感じたり、また経済的に、環境に優しくする事が出来ない時があります。 将来は、環境と関るためのオプションが豊富にあるはずで、エネルギーの使用方法を変更する、手頃な解決策を人々にもたらすために、厳しい取り組みがなされています。 もう直ぐ私達の生活の一部となるかもしれない、最新気鋭の技術変化の幾つかが、下記にあります

1.音波浄水器

Sonic water purifier

超音波が水分子に当たると、分子の壁が破れ、炭素結合から汚染物質が放出されます。 これが音波浄水器が使用している水システムで、水浄化に新しい側面を与えています。

2.地熱ヒートポンプ

Geo-thermal heat pump

建物の冷暖房に、特別な地熱ポンプの力で、地球の内側の熱エネルギーを収集し使用して、重要なエネルギー保全の方法の一つとなって来ています。

3.風力発電機

Wind Turbines

風力発電機は通常、風力タービンによって稼働します。 天然資源である風は豊富に利用でき、再生可能で有害物質を排出しません。 制限される要因はただ一つ、強風の利用です。 研究は積極的に、微風でも効果的に働く、風力発電機の建設を模索しています。

4.ソーラー・イノベーション

Solar Panels

世界のソーラーエネルギーは、本当に流行語のようになっています。 ソーラ―クッキングやソーラー建築、ソーラー暖房、現在取り組んでいる研究が将来加わるかもしれません。 ソーラーエネルギーがソーラーパネルから捉えられ、様々な目的で使用されます。

5.フローズン・スモーク

Frozen smoke

この期待される素晴らしい素材は、フローズンスモーク、固形スモーク、また固形空気とも呼ばれています。 これは21世紀のテクノロジーの中で、静かな話題となっています。 まだ開発初期段階で、科学者達は、このエアロジェルをベースとするテクノロジーを使って、家を有害物質排出や、また爆発からも守る事を目指しています。 エアロゲルはシリカから抽出した水やアルミニウム、カーボンゲルから作られていて、それをガスと交換し、軽量の固体に変えます。

6.ハイブリッド温水器

Hybrid water heater

温水器を効果的に節約するために、タンクを使用する温水器と、使用しないもの両方のテクノロジーを統合した、ハイブリッド温水器が開発されました。 これは、特にタンクを使用していないものでも、好きな時に温水を使う事ができます。

7.家庭用水素燃料電池

Home hydrogen fuel cell

水素燃料電池は直接水素エネルギーを、電気エネルギーに変換できます。 水素は、普通に考えるとエネルギー資源ではありませんが、エネルギー導電体です。 水素とエネルギー資源を置き換えると、生態学的に論理的なステップとなり、有害な温室効果ガスを排出せず、残存汚染もなく、環境保全に役立ちます。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top