Home Uncategorized 自然からヒントを得た、5つの環境に優しいテクノロジー

自然からヒントを得た、5つの環境に優しいテクノロジー

by admin

Nature Inspired Technologies

必要は発明の母といいます。 込み合った世界に限られた資源、人類が行うこと全てが環境に影響します。 この現実に取り囲まれた世界で、人類が作った問題を解決する方法は全て、環境に優しいものでなければなりません。 我々の要求を満たすために求められる科学技術は、生きて行くための豊かな自然へと変わっていくのです。 唯一無二の自然は、多かれ少なかれ、人類を脅かす全ての問題を解決できる術を持っています。

ここに、母なる地球から生まれた環境に優しい科学技術を5つ紹介します。

1、エネルギーフォレスト

Energy Forest

もし、風の力と太陽光の力を利用することで、全ての森林がクリーンエネルギーを作るために利用されるようになれば素晴らしいと思いませんか? 工業デザイナーのジェウォン・シンは、クリーンエネルギーを生産する人工的で自然に作り上げられた森林である、エネルギーフォレストを概念化しました。 このフォレストは、太陽光と風力を使用して電気を創る発電所を持っています。 このエネルギーは、電気自動車を充電し、送電線に送られます。 また、このフォレストは雨水を利用する機能もあり、この蓄えられた水は、自然の森を潤すためにも使われます。 エネルギーフォレストはクリーンエネルギーを生み出すだけでなく、自給自足の機能を持っています。 また電気自動車が2台入れる充電施設も持っています。

2、セルフクリーン・ソーラーパネル

Self cleaing solar panels

ロバート一世が、何でもない蜘蛛が巣を破られても、何度も貼り直そうとする事に影響を受けた物語は有名です。 ここでは、同じように蜘蛛からヒントを得た科学技術の話をします。 雨や泥にもかかわらず乾燥し、かつ清潔でいられる虫の能力に惹かれ、フロリダ大学のある研究者グループは、蜘蛛の体の水をはじく能力を再現させました。 科学者達は、水をはじく面を作っている、蜘蛛の毛のパターンや体の形を再現できるようになりました。 このような表面に水が落ちると、表面を転がり落ちるだけでなく、その過程で表面を綺麗にし、汚れも取り除きます。 この科学技術は将来、セルフクリーンソーラーパネルや、セルフクリーン窓を作る上で利用されるでしょう。

3、ナマコにヒントを得た順応可能ポリマー

Adaptable Polymer

ナマコは長い間食べ物として考えられてきましたが、ある科学者グループはナマコを食べ物ではなく、発明のヒントとして利用しています。 クリーブランドのケースウェスタン大学の研究者達は、水が主成分の溶媒にさらすと柔らかくなる、独特の性質を持ったバイオポリマーを作りました。 これは、溶媒が蒸発するに従って固くなります。 この注目すべきバイオポリマーは、ナマコにヒントを得た素材を使って作られています。 このプロジェクトのリーダーであるクリストフ・ウェダー教授は、この素材を利用すると、従来の埋め込み型電極と比べて、大きくリスクを低減させる事ができ、移植型脳活動記録をデザインする上で役立に立つ、と述べています。

4、ハスの葉からヒントを得たナノテクノロジー

Lotus Leaf-Inspired Nanotechnology

ハスは昔から、インドや日本だけでなく、中国やミャンマーでも潔白のシンボルでした。 泥の中の根があってこそ、ハスは汚れのない美しさと清潔さを持った花を咲かせます。 このような信条とは別に、ハスの葉の表面にある沢山の微細なこぶが、水を流すと汚れを取りながら転り落ち、水をはじく素材となります。 長年科学者達は、この「ハス効果」からヒントを得たり恩恵を受けたりしてきました。 この効果を発見し開発したウィルヘルム・バースロットは、表面が自ら汚れをとるという考えに視点を置いています。 マサチューセッツ工科大学の科学者であるマイケル・ラブナーとロバート・コーヘンは、微小流体の流れをコントロールする科学技術に関して同じような考えを持っています。

5、ソーラー・リリパッド

Solar Lilly Pads

太陽エネルギーは最もクリーンなエネルギーの形の一つで、人々はこのエネルギーを利用するためにソーラーパネルを使ってきました。 近頃、信頼できるエネルギー資源として太陽エネルギー利用は急成長し、今日では広々とした場所や、屋根の上で並んでいるソーラーパネルを見かけます。  また、水面に降り注ぐ太陽光を全て利用する取り組みも行われています。 ソノマ郡では貯水池が、144枚のソーラーパネルを設置した平底ボートで覆われました。 また同様に、994のソーラーパネルがナパ盆地の池を覆っています。 これらはスイレンの葉から得られたアイディアであるだけでなく、水面の太陽エネルギーを利用する、自然の性質をデザインしています。

 

Today's Top Articles:

You may also like