Home Tranportation ハイブリッド・エンジン付きのグリーン・カー10選

ハイブリッド・エンジン付きのグリーン・カー10選

by admin

Green car

我々の地球では毎日、何百万トンもの有害な温室効果ガスが自動車から排出されています。気温や石油価格の上昇に伴って、自動車界は環境にやさしい方向に進むことに決めました。地球温暖化の問題によって、今日ではハイブリッドカーがますます受容性を増しています。これらの車は、地球や私たち人間にも害を与えないことを約束しています。以下は、環境にやさしい未来のためのエコ・カー10選です。

 

1. シボレー未来的ハイブリッドカー・コンセプト ‘Mi-Ray’

Mi Ray

韓国語で、Mi-Rayは「未来」を意味します。ゼネラル・モーターズ社の製造するこの車は、環境にやさしい未来のためのプラグイン・ハイブリッドカーです。15 KWのモーター2台とリチウムイオン電池によって稼動します。車体はカーボン繊維とアルミニウムでできているので、パワフルな外観に仕上がっています。同社によると、Mi-Rayの燃費はおよそ60 mpg(約26km/L)です。

2. キャデラックシエル・コンセプト・ハイブリッドカー

Ciel

シエルは、フランス語で「空」を意味します。ゼネラル・モーターズ・ブランドのこの車は、425馬力を出せる3.6LのツインターボV6エンジンに加え、リチウムイオン電池を搭載しています。4人乗りのこのオープンカーの、その素晴らしい内装やスペースにきっと驚くことでしょう。312cmの軸距も付いています。前のドアは普通に開閉しますが、後ろのドアは中柱のないリヤヒンジドドアです。エコで豪華な車のパーフェクトな見本ですね!

3. ビュイック Envision プラグイン・ハイブリッド・SUVコンセプト

Buick Envision

美と力のカップルです!ビュイック社のEnvisionは、2Lのエンジンと電気モーターを備えています。ユニークにデザインされたこの車の車内は広いので、中のラジエーターが自ら冷却するのに十分な空気が入ってきます。

4. Squalus コンセプト

Squalus concept

水素エンジンと4つの電気エンジンで稼働するこの車は、私たちの地球をより環境にやさしくするでしょう。電気エンジンは、4つのタイヤそれぞれに搭載されています。ベストな点は、タイヤが回転するとエンジンが充電されるという点です。

5. スバルのハイブリッド・ツアラーコンセプト

Subaru

スバルは、2013年にハイブリッドカーを販売する予定です。発売される車は、ハイブリット・ツアラー・コンセプトやレガシィ、インプレッサに似た機能を有すると言われています。情報源によれば、2Lのターボ・ボクサーエンジンとリチウムイオン電池を搭載したCVT(無段変速車)であるようです。

6. ジャガー C-X16 ハイブリッド・コンセプト

Jaguar C-X16

1kmあたり165gmの二酸化炭素を排出する、ジャガー社のC-X16は、驚くべき車です。アルミニウムでできているために、車の外観は非常にスポーティです。主要パーツについては、376 hpと332 pfを出す3LのV6エンジンを搭載しています。ハンドル上部に付いている「Push to Pass」ボタンを押せば、わずか4.3秒で60マイル(約96km)の速度に上げることができます。ボタンを押すと電気エンジンが発動し、92 hpを発揮します。豪華なこの車には、リチウムイオン電池も搭載されています。

7. フォルクスワーゲン XL1 ハイブリッド・コンセプト・カー

Volkswagen

ユーロ6排出基準に従い、このハイブリッドカーXL1は、100kmあたりわずか0.9Lの燃料しか消費しません。車は、電気モーター、リチウムイオン電池、そして2気筒TDIエンジンを搭載しています。大きさは3,888 mm x 1,665 mm x 1,156 mmで、軸距は2,224 mm、燃費は331 mpgです。

8. トヨタ 海藻でできたハイブリットカー

Toyota

トヨタの400 kgの重さのこの車は、500 ccのエンジンを搭載しており、海藻からできています。車体は炭素繊維からできているので、事故発生の際には車を守る働きをします。稼働には電気が使用されます。しかし、この車を買うためには、あと約8年間は待たなくてはいけないそうです。

9. 酸素コンセプト・カー

O2

Leonardo Archilliのこの車は、驚いたことに、二酸化炭素ではなく酸素を空気中に排出するのです。「オキシジェン(酸素)」と名付けられたこの車には、太陽エネルギーを集積するユニークな屋根が付いています。空気中の二酸化炭素を使用して炭化水素を生み出し、それを主なエネルギー源としています。

10. プジョー SxC

Peugot

プジョー社の「上海クロス・コンセプト・カー」は、その内装を見たら必ずや驚かれることでしょう。大きさは4.870 m x 2.035 m x 1.610 mで、前輪を動かす1.6Lの燃料エンジンと、後輪を動かす電気エンジンを搭載しています。このS x Cの炭素排出量は1kmあたり143kgで、燃費は48.7 mpgです。しかし低速で運転すれば、炭素を出さずに走ることができます。

Today's Top Articles:

You may also like