温室の作り方

Greenhouse

花、果実、野菜や植物を自分の温室で育てることは、自然と共にくつろいで極上の時間を過ごす機会です。お望みであれば、温室を簡単に自身の庭に作ることができます。温室は、家に付属することも可能ですし、独立して設置することもできます。独立式の場合、熱・電気・水の分離施設が必要となります。このような労力は、付属式の場合には不要です。一面は家と隣接するため、壁は三面作るだけで十分なのです。

「冷床」としても知られる家庭用の小さな温室を作るためのシンプルな説明は以下の通りです。

難易度: やや難しい: (基本知識が必要)

所要時間: 48時間

費用: 1平方フィート(約0.09㎡)につき$20-25

材料:

プラスチックまたは木製の枠、コンクリート、サンドクッション、亜鉛メッキ釘、ガラス、繊維ガラス、二重プラスチック、プラスチックフィルム

1. ベースを作る

Base of Greenhouse

温室を作る場所を決めましょう。横の壁、水道管、窓など必要な寸法を全て測ってください。プラスチックもしくは木製の枠を使用するならば、そこから温室の土台、屋根、壁を切り取ってください。ただし、コンクリートを使用する場合、土台にクッションサンドを敷く必要があります。

2. 枠をしっかりと固定する

亜鉛メッキ釘とプレートを使い、地面にしっかりと枠を固定してください。そして、亜鉛メッキ釘と木ねじで壁を立ててください。その際は、土台にしっかりと固定されるようにしましょう。次に、電気系統や水道管を設置します。そして、釘と粘着テープを使い、窓枠を固定しましょう。ちょうつがい、釘、接着剤でドアをしっかりと取り付けてください。

2. カバーを付ける

Roof of Greenhouse

温室のカバーには、通常のガラス、ファイバーガラス、二重プラスチック、プラスチック・フィルムなどどれを使用しても構いません。透明のガラスは多くの日光を通しますが、壊れやすいのが難点です。プラスチック・フィルムも日光を通しやすいですが、一年かそこいらで交換をせねばなりません。ファイバーガラスは手入れを必要としますが、耐用性があります。熱を長時間溜められる二重プラスチックは、エネルギーを節約できますが、温室へ届く日光量を制限してしまいます。これら以外にも、頑丈な波形パネルを使用することもできます。

ガラスを支えるためには、頑丈なアルミニウムもしくは鉄の枠を使用してください。木には、塩化ビニル管の枠を使用しましょう。温室へ繫がる小石の小道を作り、排水のための砂利を敷いたら完成です。

よくある質問:

1. 温室の設置に最適な場所の探し方

十分に日光の当たる場所が望ましいので、家の南もしくは東側に設置しましょう。しかし、過剰な熱から守るために、日陰の場所を選んでください。水・電気・熱へのアクセスのしやすさも排水において重要です。そのためにはまず、地面を均しましょう。

2. 温室の最適な換気

温室において、冷暖房や空気循環システムは必要です。熱い空気を逃がすためには、カバーを通す連続的な換気が非常に重要です。冷たい空気は、温室の横や隅から逃がすようにしましょう。そのため、ベースには十分な数の通気口を付け、カバーによって通気口は全て覆われるようにしましょう。温暖な気候の地域では、必要であれば熱気が温室から定期的に排出されるようにすべきです。

簡単なコツ:

自然換気システムの導入に加え、温室内の状態を保つためにはもう一つ必要なものがあります。ファン付きの温度調節換気システムです。例えば、寒冷な気候の場合には温室中に暖房を設置しましょう。予算に余裕があれば、自動給水装置を設置できたら最高です。

気を付けるべきこと:

1. 排水がよくできないので、温室は高湿の土壌地帯には設置しないでください。

2. 温室内に一つたりとも穴がないようにしてください。植物の生長のために保つべき温度に影響を及ぼします。

3. 木製の土台を使用する場合、逸材もしくはその他腐らないタイプの木材を選んでください。

Today's Top Articles:

Scroll to Top