Home Uncategorized 公共交通システムの近未来形はこれだ!

公共交通システムの近未来形はこれだ!

by admin

高速公共運搬施設(RPT)は未来の公共の乗り物として大きな役割を担っています。省エネであることが大きなポイントですが、特に吊り下げ式モノレールタイプは今一番注目されています。レール上部には太陽電池パネルが取り付けられており、天然資源の有効利用による電力運用、利用者の利用のしやすさ、交通渋滞の軽減など多くの利点が挙げられます。

個人レベルでの使用としては、自動運転で目的地に運んでくれる仕組みで、乗客の利用状況に応じて場所を移動していきます。

スピード化と運搬効率の両立をさせるために宙刷りのモノレール式にする必要がありました。また鉄製にすることで重さをコントロールすることにも成功しています。

ごく最近まではRPT技術は省エネ効果という点には重点が置かれていませんでした。しかしコンピューターの発達によって建築過程おいてあらゆる省エネ効果が採用されてきています。

PRTをより効果的にするには、より高い位置で使用で幅も広く安定感に優れた「トラック型」の導線の採用が挙げられます。またスチールホイールの使用でエネルギー消費量を半分に減らし、ドライブホイールにかかる圧力を調節することでより効果的なエネルギーの使用が可能になります。

Today's Top Articles:

You may also like