グリーンな世界を約束する5つのすばらしいアイデア

Ideas promising a green world

エネルギーとは、形として見ることはできませんが、最も大切な源力です。今日の化石燃料は、広範囲にわたり輸送や産業燃料として使われています。しかし、この先永遠に存在するものではなく、環境とも調和していません。そんな化石燃料が消滅する脅威の中で、より効果的でよりグリーンな燃料の潜在的な天の恵みがあります。その探求がすでに始まっています。学者が提案しているいくつかの考案を見てみましょう。

それでは、グリーンの世界を約束する5つのすばらしいアイデアを以下にご紹介します。

1. カーボン・キャップを設定

Energy Labels

政策アナリストのローウェル・アンガー氏は、燃料を配給することによるエネルギー効率を使用する考えを主張しました。このアイデアのポイントは、エネルギー効率こそが主要な燃料で、国家のエネルギー政策の中心となる必要があるということです。エネルギー効率は補助源ではなく、むしろ焦点のコンセプトとして利用することです。集合的、個人的な様々なコスト効率の良い方法としてこの効率を使用することができます。節電対策としてどの電球にするべきかというちょっとした事にさえも知識を拡大していく必要があります。地下ソースを利用するためのヒートポンプの設置は可能かどうか。家の壁の隙間を無くして空気の漏れを減らすことは光熱費の節約につながるかどうか。エネルギー効率をより人間工学的に利用するために、カーボン・キャップを強要する法律をうまく扱う方法もあります。カーボン・キャップを強要するとは、電力や工業用プラントのような組織から出るCO2と温室効果ガス排出に対して厳しい制限をすることです。別の重要な政策は、それらの電力消費量を示す家庭用器具のステッカーの効率ラベルを使用することです。それによって、類似した機器の購入を選択する際に、ちょっと高価になるかもしれないけど、省エネタイプの商品を購入した方が、長期的に考えれば電気料金が安くなる、などを検討するようになります。

2. バイオ燃料への促進

biofuel

新燃料アライアンスの理事のブルック・コールマン氏は、バイオ燃料と石油の公開競争の促進がクリーンエネルギー消費を促進する手段であると考えています。石油と同様に、バイオ燃料機関も市場を独占したいと考えています。しかし、自由競争市場では、バイオ燃料と石油がお互いに競争する機会が与えられるべきです。バイオ燃料で走るフレックス車両には様々な導入方法があります。アメリカの一般的な意見としては、バイオ燃料の導入は非常に困難で高価であると考えられています。ところが、車にシートベルト付けたり、豪華なアクセサリーやエンターテイメント機器を備える方が確実に安いと考えられています。バイオ燃料会社は、将来性と産出性を明示して投資に値する魅力を与え、今後必要に迫られることになる市場にガロンを生産しなければなりません。

3. 石油燃料から換わるバイオマス合成物

Biomass

マサチューセッツ大学アマースト校の化学工学者、ジョージ・フーバー氏は、食物として消費されないバイオマスからエタノールや再生可能な燃料を作りだすことを考えています。食用作物とトウモロコシは多少のバイオマスを補います。バイオ燃料が本質的に市場占有率を得ることができるように、セルロースのバイオマスとして知られている非食用植物からエネルギーを供給する必要があります。その例が、木や農業廃棄物、更には資源作物です。次の方法で最高値を産出するために、安く転換していくことが必要です。まず、主にバイオマスを液体とガス状に分割することから始まります。そして、分解した物質をいろいろな合成物に変えるために、触媒を加えます。その結果、現在の燃料はすべて抽出することができます。つまり、今日用いているガソリンとディーゼルのような遊離した石油です。これは食用作物に直接匹敵しないので、林産物が主としてセルロースのバイオマスのソースとして働くことになります。

4. 将来的に使用するために再生可能エネルギーを備蓄

Smart Grids

KEMAの革新ディレクター、ラルフ・マセロ氏は、将来的に使用するエネルギーを備蓄しておくことが成功への道であると考えました。特に風力発電や太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーのソースは備蓄することが必要です。製造プロセスにおいて燃料を消費するので、少々奇妙に聞こえるかもしれませんが、再生可能エネルギーを発生させながら、できる限りエネルギーを備蓄するのです。エネルギーを保存することができないことは、多くの電気が家庭で消費されていることを意味します。しかし、現在、エネルギーを保存するためのグリッドがあるので、変動やアンバランスが生じてもトラブルになることはありません。最近では1メガワット当たりの価格は20ドルから500ドルまで変動しています。現状では50年後の90億人のために電力をバッテリーに保存することは不可能です。この問題を解決するために、スマート・グリッドを有効に使えるように、深く考える必要があります。スマート・グリッドは、必要な場合に、再生可能エネルギーを分離することができます。エネルギー保管を簡単にするために、連邦エネルギー規制委員会と国は、政策問題を解決するために協力する予定になっています。エネルギー保管は国間のギャップを埋めるだけでなく、将来の安定性を確保するのに役立ちます。

5. 建物を効率的にするために自然光とインテリジェント・デザインを使用

Effecient buildings

これは、カーネギー・メロンの建築家のビビアン・ロフトネス氏の考えです。建設業は搬送なども含めて、最も炭素を排出する業種です。デザイナーは建築を環境にやさしくするために様々なアイデアを考え出しました。例えば、ワシントンD.Cの下院や上院の建物はエコフレンドリーをコンセプトとして、環境にやさしい自然エネルギーを利用しています。十分な効率として日光を使い自然換気を行うなど自己効率的です。エネルギーを得れば4回使うことができます。それは、エネルギーの各ワットを3回使用して、同様に呼吸用空気ニーズを満たすために遊離気を使うようなことです。このように、労働環境の照明として固定的に日光を使えば、自然エネルギーは20~30パーセントの暖房負荷しかかかりません。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top