Home [email protected] @ja 世界を変える10のグリーンな技術のアイデア

世界を変える10のグリーンな技術のアイデア

by admin

Top 10 green technology ideas set to change the world

環境の歴史を研究すると2010年がクリーン技術を追求する業界においては不作の年と位置付けることができます。このことは、12月にコペンハーゲンで行われた国連の地球温暖化会議に集まった世界の主要国を失望させ、 産業界が炭素排出を削減する方法について共通の結論に至ることができませんでした。ただ、状況は今は変わりました。欧州はクリーンエネルギーに投資してきました。中国もまた、クリーン技術の主要なユーザーの一つとなってきました。世界を変革する、10種のグリーン技術をご紹介しましょう。

1. 電子廃棄物のリサイクル

Recycling e-Waste

私たちが使う全ての技術ガジェットは、当然持っておきたくなるほど楽しいものですが、それを製造するのに必要な部品は、適切に廃棄されなければ極度に危険なものもあります。環境汚染を引き起こすかもしれません。発展途上国の人々はこれらの電話を使い、水銀、カドミウム、鉛、その他の金属に曝露されています。ただ、電子廃棄物をリサイくするするとその危険を軽減することができます。ニュージャージーのCloud Blueは、このような技術企業を助け、これらの素材を安全に廃棄する手伝いをします。安全な回収と、貴重な金属の再利用を確実に行えるようにします。

2. 海藻バイオ燃料

Algae Biofuel

米国最大のビジネスは、太陽光や風力エネルギーではなく、おなじみのトウモロコシ由来エタノールです。ただし、コーンエタノールの製造はサステナブルでないことを広範な研究が示しています。多くの人類に対して主食であるトウモロコシが、車にも使われているわけですが、使い方は効率が良いとは言えません。そこで、海藻バイオ燃料が問題を解決してくれます。海藻は、農場も必要なく、ただ空き地があれば育てられます。普通の作物よりも生育速度が速く、真水も必要ありません。

3. 海藻の食品利用

Algae food

Solazymeはその他の企業同様、飛行機やトラックのためのバイオ燃料を製造しようとしています。Solazymeの化学者は、海藻を食糧とする利用法を発見しました。バターや食用油の代替となり、オリーブオイルの組成に似てヘルシーです。

4. 薄膜ソーラー

Thin-film Solar

太陽光発電は、省エネルギーと低価格のために市場で効率的に使われています。近年使われている太陽光パネルは、高額ですが効率が良くなっています。ただ、従来より少ない量のシリコンで薄膜ソーラー電池をつくりコストカットする方法が現れています。

5. 溶融塩蓄電池

Molten Salt Storage

溶融塩を使うと、エネルギーを晴れている日に貯めることができます。溶融塩は太陽熱装置として使え、エネルギーを製造する太陽の熱を集めるために強力な鏡を必要とします。日中蓄えられた熱が、溶融塩を温めるために使えます。

6. ソーラータワー

Solar Tower

Esolarsはソーラーエネルギーの基本技術を改善できると考えています。彼は垂直なタワーを使い、鏡で標的となる地点に日光を集めます。鏡は日光を完全にとらえ、製造する電力量を増やします。

7. カスタムバイオ燃料

Custom Biofuels

AmyrisやLS9などの企業は、バイオ技術の道具を使って、トラックと自動車のためのサステナブルなバイオ燃料を製造しています。これらの企業は、バイオ燃料製造のため研究所でカスタムの細菌を作っています。

8. 電気自動車

Electric Cars

環境に優しい人々は、皆電気自動車を選んでいます。コスト削減につながるばかりか、汚染も軽減されます。2010年、待ちに待ったGMのVoltが登場し、完全に電気自動車ではありませんが、ハイブリッドが既に車道を走っています。日産、Ford、トヨタは、電気自動車を製造しています。

9. スマートメーター

Smart Meters

電気デバイスを差し込む配電網の向上は、クリーンな技術の重要なステップです。送電ワイヤの向上は、一か所からその他へ風力由来電力を運ぶのには必須です。スマートメーターは、停電情報であれ日中の使用電力量であれ、まさに必要な情報をつたえてくれます。新電化製品をスマートメーターにつなげば、より効率良く動かすことができます。

10. リチウムイオンバッテリー

Lithium-ion Batteries

将来のために、電力量を増やすだけでなく、エネルギーを節約することで電気を節約することができます。1990年代の電気自動車は、ニッケルイオン電池を使い、電気自動車を長時間走らせ続けるには充分ではありません。リチウムイオンバッテリーは、今はより省エネになり、ガジェットも良く動作します。要り生むイオンバッテリーは小型化し、巨大な電池よりも大きな電力容量をもっています。小型バッテリーは軽量で車がより長く、快適に走行します。ただし価格はもっと抑えられる必要があります。

Today's Top Articles:

You may also like