Home Uncategorized エコフレンドリーに空の旅をするカギ

エコフレンドリーに空の旅をするカギ

by Ecofriend1874

環境保全に対しては一般的な理解が高まっていて好ましいことです。大気汚染や森林乱伐、さらには地球温暖化などの問題に対抗すべく地球の状況を少しでも改善させることはわれわれの使命です。特に次世代に向けて美しい環境を残すことに対して全世界が一体となっているのです。

多くの企業が製品製造段階でエコフレンドリーに移行しており、リサイクル製品を使用したり工夫しています。洋服やアクセサリーに加え住宅もエコフレンドリーに建てられているのです。ですからエコフレンドリー飛行を選びましょう。つまり環境に優しい空の旅です。特にNASAはエコフレンドリー飛行に対して全力を費やしています。

NASAの研究チームはDC-8を使って生物燃料がエンジンにもたらすパフォーマンスの影響度について研究を続けています。また高緯度での排ガスや飛行機雲の状態も調べています。NASAはこの飛行機雲がエコフレンドリー飛行への大きなヒントとなるとみて慎重な調査を続けています。そこでDC-8エンジンの動きを一般JP-8ジェット燃料とエステル燃料とのハイブリッドとで違いを調べているのです。

このハイブリッド燃料は水性エステルにカメリアから抽出した脂肪酸に組み合わせて作られました。ジェット機の屋根部分に計器類が取り付けられてガスや煤の状況をデータとして残すのです。排気ガスの空気との化合で起こす変化や飛行機雲の中に含まれている排ガスの様子をチェックするのです。

Today's Top Articles:

You may also like