Home Uncategorized ホンダの目指す更なるハイブリッド仕様とは

ホンダの目指す更なるハイブリッド仕様とは

by Ecofriend1874

ハイブリッド:グリーンな自動車

私達は継続使用式のライフスタイルに適合してきています。この理由には森林乱伐や温暖化などから地球を守ろうとする動きがあるからです。個人レベル的にはエコフレンドリーな服を着たりすることができますが、大手自動車メーカーの中にはハイブリッドカーの開発を進めているところもあります。環境に優しく燃料を少なく消費する電気モーターで動くのです。

世界中でハイブリッド自動車に変える人が増えており、車種も一般車並みに豊富になってきています。その中の一社が世界的にもすっかり名の知れたホンダです。ホンダのハイブリッド自動車はスタイルと技術を両方取り揃えたことで大変人気ですが、さらにこのたびリサイクル電池を使った新型車を開発しました。この新車種についてみてみましょう。

ホンダのハイブリッドはより継続使用性に

ハイブリッド車はガソリンを節約して二酸化炭素ガスも放出量が少ないため環境には良いのです。それもこれも鉄製の内蔵電池のおかげですが、この電池の材料も環境に影響を与えて作られているのが実情です。

今回のニュースはハイブリッドをエコフレンドリーにするという点では前代未聞です。つまり、ホンダはニッケルメタル電池をリサイクルして自然に優しくしようとしているのです。この2013年式アコード・ハイブリッド以前には、同社のハイブリッドには全部ニッケルメタル電池が使われていました。しかしこの新型アコードにはリチウムイオン電池が採用されているのです。ホンダは持てる技術を駆使して、金属に塩電極を加えることでニッケルメタル電池のリサイクルに成功したのです。

こうしてできた金属は99%純粋なものとなっています。386台以上のホンダのハイブリッド自動車が日本の大震災で被害を受けました。ホンダはそれらのクルマの電池を回収し、リサイクル使用しようとしているのです。このような環境を考えた動きは賞賛に値します。

この電池回収・リサイクルプロジェクトが終わった際には、現在走行されているクルマの電池に目が向けられます。ホンダとしては次世代モデルが発表される頃にはこれらの電池もリサイクルできるように、と考えています。まさに環境を重要視したホンダならではの排ガス削減等の努力といえましょう。もちろん最新技術を駆使されている点も人気の秘密です。

Today's Top Articles:

You may also like