Home Uncategorized 世界で最も優れた環境対応ビル5例

世界で最も優れた環境対応ビル5例

by admin

NASA Sustainability Base

環境対応建築物は、地球温暖化の増進やその他の自然災害の増加に対処するため、現在置かれている状況下では必要とされています。この難局に対処するため、完全に環境に優しい周辺地域をつくりだし外界や環境を汚染しない持続可能な技術を開発しています。この取り組みはさらに緑のあふれた未来のためにあり、人々はできる限りの支援を行っています。

環境対応建築物はただ美しいだけではなく、緑の地球のために多いに貢献するゼロCO2排出・ビルでもあります。このようなビルは世界中に数多く存在します。以下には世界の最も優れた環境対応ビル5例を記していますので、見てみましょう。

1. William McDonough Partners社によるNASA持続可能性基地

William McDonough氏は持続可能デザインの先見者としての国際的評価を築いた建築家です。McDonough氏の有名な業績の例としては、フォード自動車のリバールージュ工場を10エーカーのグリーンルーフのものに再設計し、サンフランシスコ郊外のGapの店舗用に草で覆われた屋根を持つビルを建設、そして家具製造業者Herman Miller’s社の温室オフィスを創造しました。McDonough氏の急進的な完全循環型哲学は、製品寿命が尽きた時には分解し無公害な状態で土に返すこと、または再利用のために「閉ループ産業循環」の中に戻せるように全製品を設計することを追求しています。約200人のために設計したこの新施設にはパッシブ設計計画を最大限活用しており、従来型の標準的な建物が必要とする電力のたった12パーセントそして飲料水のたった10パーセントのみを必要とすることが算出されています。全灌漑は再循環水や再利用水が供給します。

2. HEIN-TROY Architects社のVELUXサンライトハウス

サンライトハウスはオーストリア初のカーボンニュートラルな一戸建て住宅です。木々に覆われた山あいに建つこの家の傾斜屋根やその他の刺激的な建築構成要素は、日光や太陽エネルギーを最大限確保し太陽を余す所なく活用します。この家の設計は新進気鋭のオーストリア建築家9人による競技会への出品作であり、この競技会の優勝者がHein-Troy Architekten社でした。VELUX Austria社はドナウ大学クレムス校やInstitute for Healthy and Ecological Building(IBO)の協力者たちと共にこのプロジェクトを観察しています。サンライトハウスは環境・エネルギー技術部門のオーストリア国家賞を受賞しています。

3. 24H architecture社のエコロジカル児童活動・学習センター 

6ツ星ホテルリゾート、ソネバキリはタイランド湾に浮かぶ島クッド島に位置します。24H architecture社はこのユニークな場所に、設計と生態学に対する多大な熱意を持つSix Senses社に貢献するため、一連の環境保全の象徴を設計しました。中でも最も傑出しているのは、滞在中の子供たちに幅広い娯楽活動を提供すると同時に彼らの環境保護の意識を高める児童活動・学習センターです。この隠れ家には、映画や講演そして演劇用の講堂/映画館、パーマカルチャーや地域の伝統についての本が揃う図書館、美術室、音楽室そしてファッション室があり、子供たちは遊びながら創造教育と環境教育を受けることができます。

4. R&Sie(n)社のIm lost in Paris    

I’m Lost In Parisは世界中で最も優れた環境対応型建築設計の1つと認識されています。R&Sie(n)建築事務所が設計したこの建物はフランスの首都に建っています。この家は完全に木々と自然に囲まれており、まるでシダに包まれているように見えて野鳥観察者の見張りのように姿を隠しています。また、巨大なバクテリア養殖場を備え、1200本のシダを植え付けています。このシダは屋根から植物まで水を運ぶ水耕法チューブから栄養を得ています。この建物は環境対応ビルの最高峰の1つであり、傑作と呼ぶべき全てを備えています。屋内にある300個のビーカーは、職人が鋼鉄製メッシュ内に完全な手吹きによって製造しているためそれぞれが少しづつ違っています。このビーカーには水と、屋内の巨大バクテリア養殖場で使用するバクテリアの一種である根粒菌の混合液が入っています。この調合液を日光にさらしておけば一夏中バクテリアの収穫が可能です。

5. Folke Koebberling氏とMartin Kaltwasser氏のJellyfish Theatre

捨てる神あれば拾う神あり、とMartin Kaltwasser氏は言います。Koebberling & Kaltwasser社はボランティアと共同して、完全に再生材料のみから作ったロンドン初の全機能型劇場を創り上げました。エネルギー効率や共助そしてヒューマンスケール構造に焦点を当てたJellyfish Theaterは7月のLondon Festival of Architectureの1作品として展示され8月には一般公開が始まります。仮設建造のJellyfish Theaterは、廃棄舞台セット、建設現場の再生木材、コベントガーデン・マーケットの荷運び台そして一般の人が持ち込んだ使い古しのキッチンユニットなど、あらゆる材料から建設しています。

Today's Top Articles:

You may also like