Home Geen Tips @ja 自家製水栽培システムを作る方法

自家製水栽培システムを作る方法

by admin

水栽培は土を使わずに水だけで植物を育てる方法です。この方法がまだ出始めだった頃は複雑で経験者しか手の出せないモノで、技術もいる上にお金もかかるものでした。

しかし今では技術進歩と共に様子は様変わりして、誰でも簡単に一から水栽培ができるようになりました。お金もかからなくなっています。専門知識が無くても作れますし、チューブをポンプに繋いで貯水槽トレーにも設置できればもう完成したも同然です。

5つの段階で見ていきましょう

ステップ1.準備

最も大事な部分ですがそれほど複雑でもありません。どの植物を育てようか決めればいいのです。ですから植物次第でシステムの方向性も決まるのです。たくさん水が必要な植物なら水の流れが多いものがいいですし、そうでないものならば通称ドリップシステムの方が適しています。育てたい植物についてインターネットなどでしっかり下調べをしましょう。サイトの中にはタダで水栽培用の植物をくれるものもあります。

ステップ2.構成要素

ネットで買ってもお店で買ってもOKです。システムの中核をなす部分ですから、サイトのなかには物以外にも作り方も教えてくれるものがあります。記事をネットで探し出しましょう。必要なものが分かったらいよいよ買い物です。言われたものと同じものを見つけるようにしましょう。他のものに目移りしては失敗の元です。プロによって推薦されているのですからそれに従いましょう。

ステップ3.システムを実際に作る

必要な部品が揃ったら作り始めましょう。冬も数シーズン乗り切れるように丈夫に作りましょう。これを念頭に置いた上で、サイズやバランス角度を調整しますが、まずは大きな養分容器などを安全なところにおいてバランスを確立させるところから始めるのがいいでしょう。それからトレーを必要に応じて取り付けます。バランスが取りづらい場合はサポートを取り付けて工夫しましょう。

ステップ4.小さなことを軽視しない

せっかく上手にできているのに小さなことでうまくいかなくなるものです。だいたい忘れてしまいやすいのです。完成させる前にもう一度隈なく最終チェックをお忘れなく。パイプは緩んでないか、機能しているか、排水システムも見直しましょう。ぶら下げるような機構を使っている時はしっかり取り付けられているかも確認します。

ステップ5.その他

これでおおよその水栽培システムは完成ですが、このほかにも気をつけられる点があります。植物は温度や湿度、太陽光に敏感ですからこれらの要素の調整もできれば最高です。必ずしも必要というわけでもないですが、ここもケアできればなおさら良いです。

Today's Top Articles:

You may also like