Home Uncategorized E-mmerseコンセプト:爽快なドライブのための未来的エコ案

E-mmerseコンセプト:爽快なドライブのための未来的エコ案

by admin

Emmerse Concept Trike

自動車産業は、19世紀後半の石油の出現から、大きな発展を遂げてきました。8億600万台(2007年の時点)の自動車が道路を走るようになり、年間2600億米ガロン(9億8000万㎥)のガソリンとディーゼル燃料が消費されて、平均的消費者が直面する困難は、私たちを振り出しに戻します。一つの側面として、自動車デザインにおいて移動距離の大いなる進歩があります。そしてもう一つの側面として、ガソリンを大量に消費する自動車は、燃料の使用を高めています。さて、デザイン基準の発展と燃料効率の解決法をミックスした試みがあるとしたら、どうしますか?ここで、確固とした持続可能性を見据えた、発展した自動車への明示として、E-mmerse Conceptが挙げられます。

学生デザイナーのケネス・アタードが考案したE-mmerseは、未来的インパクトのある電気四輪バイクです。不規則なパターン、シャープなライン、スマートなベアリング、落ち着きのある黒色の車体-これら全ての視覚的要素は、これまで扱ってきた現代の自動車の発展を示しています。デザイナーによると、自動車美学の固有の様相は、無数のロボット的・動物的テーマから着想を得ました。視覚的効果を超えて、この四輪バイク・コンセプトは、リッチなドライブ体験を求める私たちの「個人的な」欲求を満足させるでしょう。

自動車のパフォーマンス基準は、中心的なユーザー機能に関する特徴だけではありません。むしろ、コンセプトの総合的な成功やユーザーによる使用を判断するには、全体的なアプローチが求められます。デザイナーは、運転において不変で走り心地の良いモーターバイクの自由さを体現させました。また、構造においてデザインは、四輪だけにある安全性・安定性を保証しています。

安全の総体的なエッセンスは、デザイナーによる非常に面白いポイントです。なぜなら、商品化された四輪バイクは、一般的には優れた安全記録を有していないというのも理由の一つです。実のところ、ユーロNCAPのテストによると、時速64 km(時速40マイル)で事故を起こした場合、四輪乗用者は「深刻な、もしくは生命を脅かす」傷害を負います。イギリスの運輸省でさえ、四輪バイクは、一定のスピード制限を越えると安全性が失われる可能性があると述べています。これら全てをj考慮すると、付随する安全問題に対処するためには、E-mmerseのような進化した四輪バイクを求めることになるでしょう。

ついに、絶賛されている環境への配慮というポイントです。このバイクは、ローエミッションの電気モーターと丈夫な電池パックによって稼動しています。近所を走る電気自動車から「道路において合法な」飛躍を遂げたE-mmerseは、交通機関の代替フォームとして、ユニークなドライブを提供するでしょう。以前の四輪バイクは良好でないパフォーマンスで知られていましたが、E-mmerseは、革新的且つ環境にやさしい救世主として姿を現しています。

Source: Coroflot

Today's Top Articles:

You may also like