フレキシブルOLEDディスプレー

あまり知られていませんがOLEDはオーガニック製品でできたLED証明で、電流に照明が反応するものです。

それでもOLEDが何か分かりづらいでしょうが、つまりはテレビのLCDのようなディスプレー技術なのです。しかし大きな違いはオーガニック素材でできているので、生物分解可能ですから完全にエコフレンドリーで安全です。OLEDディスプレーは2種類に分けられます。小さい分子で出来たものとオーガニックポリマーでできたものです。

OLEDの最大の利点は他のディスプレー技術のようにバックライトを必要としない点です。そのため深い暗さと明るさのコントラストがはっきり実現します。そのほかにも薄型でフレキシブルにでき将来的にプラスチックシートの可能性を示してくれ、今では想像もできないような使い道が出てくるかもしれません。

では、OLED技術の良い点・悪い点を検証してみましょう。

良い点

OLEDはスクリーンとディスプレー技術を革新しました。制作方法も複数ありますからそれによって得られる利点も大きいのです。

A.将来的に低コスト

大量生産が実現すればOLEDの制作費は大幅に削減されます。軌道に乗りさえすればインクジェットプリンターで印刷するような感じか一般印刷のようなカタチで簡単に生産できるのです。

B.軽量かつフレキシブルなプラスチック素材

OLEDでは基盤のようにプラスチックシートに可能できるので巻き取り式ディスプレーなども可能になるのです。つまり洋服につけたりや新聞紙のようなディスプレーも可能でサイファイ映画で見たようなディスプレーが現実のものとなる可能性を秘めているのです。

C.視聴角度も広めで明るさも向上

90度まで画質を変えずに見られるように明るさを向上させ、画質をしっかり保ちます。

D.省エネ性

バックライトを必要としないので大変省エネです。

E.反応時間

毎秒0.01を実現する超高速反応ですからリフレッシュレートも100000ヘルツを可能としています。

F.向上のための余白は?

エンジニアは常にOLED技術の向上に努めているので、より安くできるように全力を注いでいます。

悪い点

良い点もあれば悪い点もあります。しっかりと見ていきましょう。

A.現在の値段

OLED技術はまだ完成とはいえませんから普通のLCDのように大量生産が可能ではありません。したがってまだまだ高価でLCDには太刀打ちできません。

B.寿命

最も重要な点は寿命の短さです。オーガニック組織ですから特と共に腐ってきてLCDよりも早くダメになり、将来的には改善が期待されていますが今のところはLCDよりも短い寿命です。

C.色のバランス

時間の経過と共に色のバランスも悪くなってきます。特に青系は他の色に比べて劣化が激しく結果として色合いのバランスを崩してしまいます。

D.青色OLEDの効率性

OLEDディスプレー技術の成否は青色OLDの寿命と効率性にかかっているのです。より効率的で深い青色を可能にすることが求められます。

E.屋外での機能性

LCDなどの技術に比べて屋外の自然光を強く反射してしまうので、室内使用に限られてしまいます。

F.電力消費

LCDに比べて暗いものを写すには40%も多く電力を消費してしまい、通常の画像ならばその割合は80%にも上ります。しかも白系に関しては2-3倍です。

G.スクリーン焼け

他のディスプレーと違って、OLEDピクセルの明るさはディスプレー内容に応じて時間と共に色あせてきます。これによって色による寿命の違いが生じ、「焼け」と呼ばれます。

最悪な点

良い点、悪い点に加えてここでは最悪な点を見て見ましょう

A.防水性

OLEDは水によって簡単にダメージを受けやすく、しっかりと防水加工を施さないと寿命に大きく影響してきます。

B.UV対策

UVライトの下では劣化が加速します。

基本線

短所はありますがディスプレー技術としては素晴らしいもので、時間と共にこれらの問題点も改善されていくでしょう。メーカー各社はすでに将来的にこの技術を用いた製品のアイデアを発表しており、フレキシブルでサイズの小型化などという点など、他の技術では補えない特性を持っていますから、必ず市場に現れるでしょう。

Today's Top Articles:

Scroll to Top