エコフレンドリー都市住宅

世界中では全てがめまぐるしく動いています。人口の急増や技術の革新のおかげかは分かりませんが、各方面での成長が関係しているのです。例えば人口の急増に関しては住む場所を減らし、土地は増やすことができませんから当然問題になってきます。その結果効果的な対策が求められるのです。そこでエコフレンドリーな解決法が必要になってきているのです。味気ない都市部の住宅をエコフレンドリーに代えることで環境にも優しい効果を期待できるのです。

ここで紹介する7つのエコフレンドリー都市住宅は使用されないスペースを有効利用している好例です。

1.都市住宅ストライクス・ゴールド

2階建てのガラス張り住宅は見た目も良く、見る人の注意を引き付けます。スペースや照明も有効活用されているまさにガラスハウスです。

2.グリッドハウス

この家の最大の特徴はグリーンスペースです。これによって通気性や日中の照明を上手に利用しています。一方で正面庭園は通りに面しています。地下駐車場も家と一体化しており通気性がよくなるように工夫されたデザインです。地下駐車場にはエレベーターでつながっているのでガーデンの位置づけを優先させられており、都市部においては最適のスペース利用になっています。

3.76ニューイントングリーンロード

76ニューイントングリーンロードはアメニティスペース社によってデザインされました。ロンドンで企画されたこの家は建築方法と使用素材は大変進んでおり自然に優しいようになっています。屋根などもリサイクル建築材でできておりコンクリートも環境に優しい形で作られているので大変グリーンです。これらに加えて最大の特徴はオークパネルです。最新式の階段は各階に三角状の採光窓を通して日光をふんだんに取り入れられるようになっています。

4.ロンドンのクリーブドアパート

この家はセイラーン建築によってデザインされました。ロンドンに建てられたこの家はこじんまりとした通りに存在しますが、ガーデンも効果的に配置されていて美しい見た目になっています。基本的に1階は2つのセクションに分かれていて1つはガーデンに、もう1つは部屋になっています。

5.エバストリート住居

このユニークで素晴らしくデザインされた家は南中央オースチンに位置しています。主な特徴は樹齢150歳の樫の木で家の中に位置しています。木は陰を作り出して周辺も邪魔しません。複層階は水平状に積み重なれて樫の木でサポートされています。建築様式はブラジルレッドウッドに鉄でサポートされるカタチでしっかりとした作りになっています。壁は白で統一されていて、床はチョコレート色の竹でできていてきれいです。

6.ビルディングスタジオ

この家は太陽電池システムとグリーン屋根の見事なコンビネーションです。最大の特徴は洪水にも対応できる点です。家自体は3つの階に分かれていて中庭も付いています。ポーチも家中に位置しているので太陽光をふんだんに取り込むことができます。一方でグリーン屋根は家を涼しく熱を妨げます。屋根のファンで通気性を良くし効率的な太陽電池パネルも設置されています。それ以外にも家のスペース取りも効果的になっておりシングル樽式とダブル樽式を家の大きさによって使い分けられます。

7.ロンドンのカーマーテン・プレイス

ロンドンのバーモンドシー通りに位置して効率の良い家です。通常は2部屋とアートスタジオでできており、木製パネルが特徴です。この木製パネルはラミネート加工されており、金属合板やドアパネルも付いています。一方でガラスで囲まれた居住スペースは自然光をタップリ取り込んで、特に上の2階からは見事な眺めが楽しめます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top