Home Uncategorized エコな巨大構造物: MVRDVのフラワーベッド(花壇)ホテル

エコな巨大構造物: MVRDVのフラワーベッド(花壇)ホテル

by admin

Flowerbed Hotel

オランダのアムステルダム近郊の都市アールスメールは、現在建築中の巨大な構造物で最近有名になりました。この構造物とは、オランダの建築事務所のMVRDVによって設計された、フラワーベッド(花壇)ホテルです。 でもちょっと待ってください。これはただの素晴らしいホテルであるというだけでなく、巨大な温室でもあるんです。どうしてこれがエコな巨大構造物なのか、もっと読んでみてください。

巨大構造物

この19.5000平方スクエアのホテルはMVRDVによって開発され、テーマパークであり、ビジネスハブである以外に、カンファレンス(会議)センターでもあります。 入り口全体が花いっぱいで、このテーマーパークが“ブルーミング(花が咲き乱れる)ホーランド(オランダ)テーマパーク”と呼ばれるのは、このためです。この温室のシェルは、連続した建物が一緒に重ねられてできています。主要部はホテルの280の客室とスイートが入っています。建物全体は、温室の中に積み重なっているのです。

各部屋は花のテーマを持ち、140台の車がとめられる大きな駐車スペースで、このエリアが有効に使われます。1.6平方スクエアのカンファレンスセンター以外に、2平方スクエアの敷地が花壇に割り当てられています。広々としたロビーは、三つのゾーンに分けられます。ビジターのためのパブリックゾーン、ホテルのゲストのためのプライベートゾーン、それからホテルゲストとビジターの間で交流ができるためのインタラクションゾーンの3つです。風車サン・コレクター(太陽光を集めるもの)と、このホテルの内部にある花壇は、この建物全体が、再生可能で自然のエネルギー源から電力を供給されるようにしています。カーボンフットプリントの削減を目的としたこのホテルは、巨大な構造物なのです。

何がそれを巨大にするのか

デベロッパー、開発者: フラワーベッドホテルの開発者はオランダの建築事務所、MVRDVで、ただその建物の構造の意義だけで有名になるのではなく、そのエコロジーの重要性のために有名になる、そのような巨大構造物を建てようとしているのです。 この建物を建設する目的は、花で覆われたホテルと天然資源の電力が合わさった、巨大な発電所を開発することなのです。この建物のプロジェクト開発者は、kloos2です。

推定コスト: 現在、この建物の正確な推定費用はわかりませんが、建築事務所は、この建物に使われる全ての材料が一番いい品質で、生態系のバランスを妥協せずにお客様を満足させるものだと保証しています。

目的: 商業目的

表面積: このホテルの総表面積は花がその周りに植えられるホテルとカンファレンスセンターを含んで、19.500平方スクエアです。このホテルは現在建築中の“ブルーミング・ホーランド・テーマパーク”の隣に建てられ、観光客やビジネス客を迎える予定です。全部で2.100平方スクエアの土地が花壇にあてられ、550平方スクエアのフィットネスセンターが、このホテルのヘルスエリアに設置されることになっています。

建設にかかる期間: 2012年の終わりまでにこの建物は建てられるとされていますが、現在のペースだと、それよりも前に建てられるかもしれません。

フラワーベッドホテルは、客室、フィットネスセンター、ロビー、カンファレンスセンターを含む、建物全体を包み込むガラスシェルの温室になるでしょう。ロビーは屋内で育てる植物や、屋内庭園があり、このロビーの一部は花々の、非現実的な美しさを楽しめるように、ビジターたちに開放されます。このホテルは花一杯の、テーマパークの新たな一部となることでしょう。

エコ指標

他のホテルと違い、この建物の花の庭園はホテルに統合されます。このホテルは主に太陽光と風力エネルギーを主要な電力源として使います。これ以外に、フラワーベッドホテルは温度を調節し、新鮮な空気を供給するための、生きた壁があります。280の客室を持つこの革新的なホテルは、太陽光エネルギーを捕らえて電力という形でその建物全体に送り、照明や給湯用の電力をまかなう太陽光パネルや太陽電池パネルを備えています。風車は、風を、再生可能エネルギー資源として利用します。地下の暖房、冷却貯蔵システムは、建物全体が必要なエネルギーを供給されることを保証します。

フラワーベッドホテルは、地域の生態系にも焦点を当てた、特別な開発です。ゆえに、建物全体がガラスのフードを持っていても、太陽光を集める装置、風車や地下の貯蔵部が優れたエネルギー性能をもたらしてくれることでしょう。この建物はまた、すでにある Spijkenisseの公共図書館(生態学的条件に基づいて建てられた)を含む、MVRDVのエコな建築物に新たに加わるのです。

全体として、この建物はただ単に巨大な構造物なのではなく、生態系を守る必要性と、省エネのために再生可能エネルギーを使う必要性を反映した、エコで巨大な建築物なのです。

Today's Top Articles:

You may also like