Home Green Tips @ja 2012年ロンドン五輪をエコにするために

2012年ロンドン五輪をエコにするために

by Ecofriend1874

オリンピックは、スポーツのファンだけでなく、様々な文化、人種やイデオロギーのるつぼの場でもあります。ゆえに、ロンドンに集まったたくさんの訪問客の中に、環境にひときわ関心のある人たちがいても何ら不思議なことはありません。そういった人たちは、ただ単に、毎日行われる様々な競技を見物して楽しむだけでなく、オリンピックが環境にどれだけ影響を及ぼすのか見ているわけです。が、今年のオリンピックの評議会で採択された、環境に配慮した基準は、そういった人たちにとってはうれしいサプライズのようです。
環境の美化

それぞれの大陸を現すのに厳選されたたくさんの花は、スタジアム前の、あらかじめ決められた場所でまもなく芽吹き始めるでしょう。このプロジェクトが始まった2005年当初は、まさにこの場所自体、汚染された土壌でした。長年の革製品の工場や、石鹸を作る工場、化学貯蔵物のプラントからの、シアン化合物や油、重金属、砒素といったもので汚染されていたのです。なので、オリンピック会場としてその公園の建設にあたっては、大規模な除染作業が必要だったのでした。
土壌というのがその公園には必要不可欠だったので、ベルギーからはるばる土壌を洗浄する機械が5台持ち込まれ、設置されました。土壌の洗浄作業は、費用を節約するだけでなく、同時に環境を守る方法で行われたのです。
洗浄作業が完了した後では、ほぼ95%の土壌が再利用され、外部から大量の材料を持ち込む必要がなくなったので輸送費も削減。また、材料の破棄も大幅に減りました。

環境に対する公的な取り組み
この、土壌の洗浄というのは、オリンピック事務局と協力して、環境局によって計画された4つの長期プランの1つでしかありません。そのプランとは、そのエリアにとって長く語り継がれる伝説となるくらい、オリンピックをより環境にやさしいイベントとして確かなものにするためのものです。
そのプランのもう1つの目玉は、ローワーリー・バレーに住んでいる約4000人の住民に対する洪水のリスクを軽減し、野生の動物に別の場所を用意するという、ローワーリー・バレーの再生計画です。その計画に基づき、、オリンピックパークにある、ヘニカーズ・ディッチとして知られる水路を経由して、リー川の方に水を移動させる排水溝が建設されました。
この結果、水質が改善されて、川の土手も利用できるようになったり、洪水のリスク軽減にも一役買いました。

Today's Top Articles:

You may also like