Home Uncategorized 『ソーラーオアシス』 砂漠で生命を維持できるところ

『ソーラーオアシス』 砂漠で生命を維持できるところ

by admin

Solar Oasis

この建築デザインの設計者はこれをソーラーオアシスと呼び、地球上の何処でも、生命を持続させ生きて行くために必要不可欠な要素があり、地球には絶対に尽きる事の無い大量のエネルギーがある、と考えています。 ソーラーオアシスプロジェクトはこの原理に基に、デザイナーは、ナミビアの生命すらない不毛のナミブ砂漠の真ん中に、オアシスを作る事を目指しました。 この技術的に高度なソーラーオアシスは地元の環境を使用して、人間や植物、動物の生命を支えることができるオアシスを、自然界の存在を作り上げようとしました。

 

この素晴らしい提案は、最も恐ろしい住む事ができない地をこの世の天国にする事によって、現代技術が、どの様に最悪の状況を、巧みに処理できるのかを浮き彫りにしています! このソーラーオアシスでは、空気中から湿気を取り、巨大な冷却多岐管に通される技術が加えられました。 ナミブ砂漠の乾燥の原因は、砂漠の端に沿う山脈が大西洋から来る湿気を含んだ空気を下方向にそらし、砂漠の中まで届かないという事実です。 こうして湿気は砂漠まで届かず、水は動植物の維持可能性において唯一必要とされるもので、事実上居住不可能にしています。 しかしソーラーオアシスはこの状況を変えるでしょう。空気中から湿気を取りオアシスの内部の環境を良くし、保護されたオアシスに住めるようにします。

このアイランドは、ナミビアのエキゾチックな動物や植物の生命を、支える事ができる水があります。 外気から生成された凝縮水は、自然生命に有効になり、それ以外は乾いた砂漠です。 ソーラーオアシスはまた、農業分野でも新しい発見となり、クリーンエネルギーの生産にも使用されます。 この小さなアイランドは、異なる文化と調和で、人々の間に協調を生むことができます。 人々は人口が過剰し、必要以上に込み合った地球上の限られた地域にいて、ソーラーオアシスは、世界で居住できる新しい土地を探す素晴らしい例となります。 現在人々は、国を超えて都市の負荷を軽減する事になる、砂漠を拡張した居住地を考える事ができます。 これは本当に、最も乾いた土地を、最も快適な緑地に変換する、素晴らしい方法です。
Via: カーゴコレクティブ

Today's Top Articles:

You may also like