Home Uncategorized グリーン・エネルギー技術 ― 環境にやさしい企業

グリーン・エネルギー技術 ― 環境にやさしい企業

by Ecofriend1874

環境にやさしい企業が競合相手にグリーンストーンを設置

過去数年間に、多くの企業がグリーン活動を行い、環境にやさしい企業活動を推進してきました。ゴー・グリーンを行うことは簡単で、グリーン戦略の標準に従って実施します。しかし、現在、多くの企業がゴー・グリーンのレースに加わり、生態学的なアプローチの先頭になろうとしています。人々はリサイクル製品や有機製品を簡単に購入することができます。しかし、ラベルを見るだけでなく、グリーンにはもっと多くのことがあります。持続可能なエネルギーを使うことが、ゴー・グリーンの最終的なゴールの達成方法ではありません。しかし、企業は、製造過程を改善して、炭酸ガス排出量を減少させる努力をするようになってきています。これに加えて、グリーンに関する評判を高め、かつグリーン会社としてのランキングを上げるためにできる多くのことがあります。環境へのやさしさに貢献している上位のグリーン企業を見ていきましょう。
SamsungReclaimBlueopen
Dell
Dellは、数年にわたって実施していた持続可能な戦略を達成したことが世界的に知られています。Dellは、期限内で望ましいゴールを達成できるように活動し続けています。2008年に、2015年までには全放出電流の40%を縮小すると宣言しました。Dellの、製品の異なる製造段階において環境に与える影響を削減する、というアプローチは実現されました。ラップトップやデスクトップなどのDellの全製品は、2005年に製造されたシステムと比較すると、エネルギーの消費量を25%も削減しています。Dellのこの企業努力は、過去数年にわたり、ユーザが消費する電気料金の節約の手助けとなっています。さらにDellは、技術産業の広範囲において、リサイクル計画を実行しています。
images
ヒューレット・パッカード(HP)
HPは、長い間、環境問題に関する業界のリーダー的存在でした。同社の創設者である「ビル・ヒューレット」と「デイブ・パッカード」の経営理念に基づいたものです。HP創設者は、テクノロジーが社会を発展させることができると信じています。これをつねに心に留めて、会社は、温室効果ガス排出を減らして、再生可能エネルギーを利用したプログラムを開発しました。2008年には、環境問題に対処する唯一のハイテク企業として、サプライ・チェーンでGHGをラインナップすることを報告しました。2005年に製造されたプリンタとPCのモデル、そしてすべての商標が、最新のエネルギー効率の良いHPモデルと入れ替えれば、顧客は約104億ドルの光熱費を節約することができるでしょう。
hp
IBM
世界的な技術力を持つメーカーは、GHG排出を削減し、顧客の環境へのやさしさを促進する製品を提示するプログラムを考え出しました。IBMはエネルギーと使用水量を削減するために、1990年代にそのフレームワークを確立しました。10年間で毎時51億キロワットのエネルギーの削減に成功しました。さらに、IBMだけで中規模サイズの町をライトアップする能力があります。会社の最近のベンチャー「サステイナビリティー・マネジメントシステム・テクノロジー」は、クライアントの商業構造をより効率的に運営することを支援することを目的としています。このホームタウンにおけるソリューションは、バーリントンにIBMの半導体工場を建築する糸口となりました。
IBM
Johnson & Johnson (ジョンソン・アンド・ジョンソン)
この会社は、温室効果ガスの放出を削減するための確かなゴール設定と目標を掲げて、温暖化対策に乗り出し、競合他社を圧倒しました。2010年に7%に温室効果ガスの排出を削減したのです。同社はその他の排気ガスを16%まで抑えました。また、環境への影響を減らすために、エネルギー効率と用紙、印刷において同様のゴールを設定しています。
jj
環境にやさしいビジネスを実行する賛成論 
環境にやさしいアプローチによって、天然資源を保存し、エネルギー消費を節約することができます。環境にやさしい企業は、雨水バンク、木や温水系のような地球の資源の依存を最小化する製品を使用します。グリーンのアプローチに沿った標識付けによって、リサイクル・プラスチックとリサイクル・ゴムのような回収材料から作られた製品を使用します。とりわけ、製品をリサイクルすることは、コストを削減し、売上高を回復します。
armparty-alexandani

Today's Top Articles:

You may also like