Home Uncategorized メルセデス・ベンツ用に設計された電気自動車のコンセプト 10例

メルセデス・ベンツ用に設計された電気自動車のコンセプト 10例

by admin

メルセデス・ベンツは高級車で、これまで何年もの間人々を魅了しています。技術的に進歩した自動車ブランドであり、多くの贅沢な要素が施されています。ブランドは現代技術に完璧に調和される心地よさを付加したドライブを提供します。この環境政策を重視する世界において、メルセデスでさえオール電気の自動車フィーバーに刺激を受けました。 以下は高燃費の馬力のある車に取って代わるメルセデスベンツように設計された電気自動車コンセプトの10例です。

1. メルセデス・ベンツ ルマン 電気レーシングカーコンセプト

Mercedes-Benz LeMans Electric Race Car Concept

オズグン クラムはトルコ出身のイタリアを拠点として活躍するデザイナーです。彼は見た人は皆欲しくてたまらなくなるようなメルセデス・ベンツ ルマンという電気レーシングカーコンセプトを考案しました。軽量コンセプトはそれぞれの車輪にフィットされた4つのエンジンが搭載された流線型の作品になっています。spれは注目度抜群の方法で作られ、多くのスタイルにおいて魅了されています。ガラスで覆われた荷物室は戦闘機の客室のようなスタイルに形作られており、デザインに更なる安定を付加しているのは、大きなスポイラーです。

2. メルセデス・ベンツ アリアコンセプト

Mercedes-Benz Aria Concept

メルセデス・ベンツ アリア・コンセプトはスラヴチェ・タネヴスキーの発案によるものです。すばらしい快適さを提供することを約束し、ドライブを思い出深いものにすことを保証する豪華なクーペです。外観は風になびいている髪のシルエットのように形作られ、そしてそれが長く、豪華で非常にエレガントなデザインに組み込まれました。 革新的なコンセプトはオール電気自動車となり、2030年に向けて想定してきました。アリアコンセプトは非常にセクシーで、見る人は驚嘆を隠しきれないでしょう。

3. メルセデス・ベンツ 電気自動車コンセプト by アリ・カンザキ

MercedesBenz Electric Vehicle Concept by Ali Khanzadi

かんざき ありさんが1930年代のを彷彿とさせるメルセデス・ベンツ用の電気スポーツカーコンセプトを作りました。このダイナミックなデザインのボディは再生プラスチックと炭素繊維の合成物を使って作られています。一方で、アルミニウムと炭素繊維の合成物はシャーシ(車台)を作るために使われます。電気コンセプトは機能性とスタイルが素晴らしく融合されたものです。電気と磁気の技術によって、従来型のブレーキというよりはむしろ、ブレーキの性能を十分に引きだすことができます。シルエットはユニークで、数ある電気自動車からきっと目立たせることになるでしょう。

4. メルセデス・ベンツ ニンバスMercedes-Benz Nimbus

環境にやさしく、クリーンであることの必要性に適応する車はスラヴィッチェ タネヴスキー (Slavche Tanevski)によって考案されたメルセデス・ベンツです。クーペは道路が車で溢れることになる2025年の完璧なソリューションです。 そのクーペはそれぞれの車輪に搭載された4つのモーターが埋め込まれるコンパクトな作りです。ニンバスは車の床面に内蔵されるリチウムイオン電池も特徴としています。ガラスのドームと前方の支柱がなくなると、ドライバーが真ん中に座った時に可視性が制限されません。車は非常に広々としており、大きなガラスの部分の存在によって、美しい景色の展開を楽しませでくれるでしょう。

5. メルセデス・ベンツ F125 水素 ガルウィング(両側はねあげドア)コンセプト

Mercedes Benz F125 Hydrogen Gullwing Concept

メルセデス・ベンツF125 水素ガルウィングコンセプトは路上で多くの注目を浴びるような風変わりな曲線になっています。クーペはクリーンに作動する水素の燃料電池スタックで精製される電気で動く4つの電気モーターが内蔵されています。車の環境に優しい電動機構は盗む価値があり、魅力的なシルエットは全体の印象をさらに魅力的なものにしています。

6. メルセデス 革新的なフォーミュラ ゼロ セイル レーサー

Formula Zero Sail Racer

メルセデス・ベンツのフォーミュラ ゼロレーザーは革新的な特徴になっています。そのコンセプトは高速レースと豪華さの素晴しい融合です。高効率の作りは電気モーターで覆われている排ガスを出さない車です。 外側は太陽エネルギーを利用する太陽パネルで巻かれています。一方で、車体の突出部には風力タービンが内蔵されています。太陽ペパネルと風力タービンを使って、フォーミュラゼロレーサーの電池を充電するためのエネルギーを生成しています。

7. メルセデスベンツ ブリッツェンベンツ コンセプトカー

Mercedes-Benz BlitzenBenz concept car

メルセデス・ベンツ ブリッツェンベンツ コンセプトカーはデザイナーのジョージ・ヨー(George Yoo)によって実現された革新的なレーシングカーです。そのデザインは1909年のブリッツェンベンツからのかなりのひれらめきを得ています。外側はオーガニックな構造で、コンセプトは先進的な4つの内部車輪に電気モーターと衛生的なハイブリッド水素エンジンが埋め込まれています。車輪のポッド(さや)は、電気モーターが正確に冷却されなければならない時期を感知しすることができます。

8. 道路清掃トラクター 6EV コンセプト

Unimog Tractor 6EV Concept

道路清掃トラクター6EV コンセプトは複数の目的を解決し、様々な用途に使うことが可能です。ビクターウリベチャコン( Victor Uribe Chacon)によってデザインされ、単純な輸送はもちろん、飛行機の牽引にも使うことが可能です。素晴しいフォームで多くの機能を繰り広げます。 多目的自動車は大量の電力を作り出す6つの電気モーターが内蔵さています。ドライバーのコックピットの上には太陽エネルギーを作り、エコな性能に役だづソーラーパネルが装着されています。

9. メルセデス レポーターピックアップ コンセプト

Mercedes Reporter Pickup concept

メルセデス レポーターピックアップ コンセプトは見とれるに値し、豪快な特性を備えています。features.コンセプトの後方車輪に電気モーターを内蔵しています。 太陽ルーフパネルは定期てきに電池に供給される十分な電気エネルギーが生成されるかを確かめます。 ピックアップコンセプトは柔軟に、様々な目的で使われるようにモジュラー式の設計になっています。もっとも魅力的な特徴はターボチャージ1.2リットル付きで、4気筒エンジンを含むプラグインハイブリッド電動装置です。

10. メルセデス・ベンツアローコンセプト

Mercedes-Benz Arrow concept

2050年になれば、メルセデス・ベンツアローコンセプトはその貫禄のある存在感で、路上を美しく飾ることになるでしょう。フェリペパラーモによって考案され、1954年のガルウィング、シルバーアローとSLRマクラーレンから発想を得ています。そのクーペは電動で操作されますので美しい環境を全く汚すことはない素敵な車です。

Today's Top Articles:

You may also like