都市エコポエシス(Urban Ecopoesis-エコ創造)

Urban Ecopoesis

都市エコポエシスは、シンガポールでの生物多様性を向上させるため、建築家兼デザイナーである、コウ・ホウ・ヤオ(Koh Hau Yeow)による論文です。シンガポールの伝統的な建築環境は、人間のための住みよさと美的要素を満たすように設計されているので、生態系や自然環境に焦点を置き換える必要があります。この伝統的な建築構造は自然を破壊するので、人間と自然とのバランスが歪んでいるのが現状です。コウ・ホウ・ヤオは、今の人間の活動を妨げることなく自然環境を再生するために、様々な方法を提案しました。

パラダイムシフト(Paradigm Shift)

コウ・ホウ・ヤオは今、人間中心的な観点から環境へのパラダイムシフト(認識や思想などが、劇的に変化すること)が必要だと語ります。これは、シンガポールでの生態の多様性を改善する唯一の方法であると指摘しています。建築は、自然と環境保護を取り入れ、調和させる鍵として機能します。バイオレメディエーション(微生物などを利用した環境浄化)を施した都市のインフラ設備も環境要素に焦点を当て構築し、自然とエコ志向であるべきだと提案しています。

建築家は、緑の学校のような形で、都市エコポエシス・プログラムを導入すべきだと主張しています。この緑の学校は、屋外環境教育を中心に作成しなければなりません。2つの森のパッチ間に見える接続は、目に見える研究のテーマをより明確にするために確立するべきです。この教育は、人間と生物多様性の必然な繋がりを意識させます。自然環境とは、既存の都市住宅の風景に、森や、庭園、湿地から成り立っている緑の学校の教育地盤として機能します。都市エコポエシスは、湿地地帯の形成の枠組みの研究や、造船所工業地帯から娯楽設備への改修の作成などを提示します。

建築と既存の風景の調和を成し遂げるために、マスタープランから正しく描かれなければならないでしょう。エコ・ネットワークのデザインは、生態系の研究やさらに精細な生息地の研究に基づかなければなりません。都市環境での生物多様性の復活は、「ハートウェア(heart-ware)」と「ハードウェア(hardware)」要素の調和の復活に繋がります。「ハートウェア」は、環境に対して思いやり、責任を持って対処することです。「ハードウェア」は、日常生活の機械的な技術と断片化した自然の風景との間の繋がりを示します。これら2つの調和は、共同開発によって新しい道を切り開くことになります。

この時点で、コウ・ホウ・ヤオは、自然対人口、また破壊対再生開発の議論を提案しました。都市エコポエシスは、全体論の生活環境を作ることが可能な建築の代わりになる形を調査します。全体論の生活環境によって、人間中心の生活からすべての生物種に相応しいエコな環境を提供します。

一言でいえば、論文は生態学、化学、芸術、風景、文化、商業とエンターテイメントに対して、バランスの取れたプラットフォームを提供するように設計されている環境を再生しようとしています。このような、全体的な都市エコポエシスは、都市環境の再生とすべての生き物の自立となるでしょう。

Koh Hau Yeowより

Today's Top Articles:

Scroll to Top