Home 建築@ja 呼吸する建物:グリーン革命を祝福するエバーグリーン

呼吸する建物:グリーン革命を祝福するエバーグリーン

by admin

グリーン革命の影響と反応として、呼吸する建物は、人生を楽しみ、祝うコンセプト設計です。メガン・デュフレーヌ氏は、この設計を注意深く巧妙に作り、Dwell Magazineによって企画されたParkitecture
Competitionのトップ・サブミッションになりました。建築として庭を反映するこの設計は、環境の養育者としての働きをする構造的なコンセプトであると同時に、自動車の機能的なサポートの働きがあります。呼吸する建物は自然の小さなコンテナーで、水や日光のような再生可能資源からエネルギーを自己発電することができます。

The Breathing Building: Garden as Building

建物はすべてをリサイクル材料と天然材料が利用されています。周囲の美しい景観と融合して、デザイン的に従来の車庫と大きく異なり、今日の低公害車用にオープンで魅力的な場所になるように作られています。建物の設計は、車庫の屋根の半分が水収集用の水槽となっています。この水は自動車の洗浄や植物の栄養として使用することができます。さらに、屋上のプラント・サイド・カバーに加えて、この建物の2つの側面に緑の壁を作ることを目的としています。壁と屋根材は緑なので、たとえ枯れたとして有毒性がなく、周囲の温度を夏は涼しく、冬は冷気を遮断することができます。

呼吸する建物が使用している水と青葉は、大気をイオン化しかつ綺麗にします。さらに、降雨流水を吸収して腐食を防ぎます。また、緑は建物を包み込んで保護し続け、緑色植物は食糧生産用としてCO2を吸収するので、自動車から排出された二酸化炭素(CO2)による熱を弱める働きがあります。この建物は、このように自動車と植物が共存できるように設計されています。さらに屋上の水槽の水は、植物を育てるためにホースを使って下へ流すことができます。また、建物の屋上庭園は、人々が集まったり休んだりリラックスしたり、水に足を漬けて涼むことができるフリー・スペースとして使用することができます。絶えずアップグレードしている技術で、藻類農場やバイオ火力発電機、またはそれに似た類の建物に使うことができる多くの可能性があります。

ウオーター・ルーフ(水屋根)は、まるで大きな水族館や天窓のような役割をはたし、建物の内外を明るくて陽気な環境を築いています。天候が変わるとともに、車庫は自然を反映して陰が変化するのです。この設計では、室内の空気質をよくするために、自動車のエンジンに合わせて沿って鋼のグリッドが配置されています。この可動式のグリッドの下にはPVCトレーがあって、自動車の油や凍結防止液を受けるので、再利用することもできます。自動車スペースの左側に、ツールと予備の部品を保管できる棚が付いています。

私設車道の南側上部にある金属グリッドは耐候性のアクリル樹脂で覆われたソーラーパネルで、自動車にエネルギーを供給する電力を生成するために日光を捕らえることができるように設置されています。車庫に駐車した自動車は、ソーラーパネルに電気のコンセントに差し込めば充電することができます。この建物の設計のもう一つの特徴は、緑の壁を採用しているところです。緑の建物は、アクリル樹脂、構造用鋼、竹、プラントなどのような自然で再生可能な材料から作られています。呼吸する建物は、おいしい空気を作り出すだけでなく、環境を清潔にして光輝かせます。

Via: Behance

Today's Top Articles:

You may also like