Home 車、乗り物@日本語 @ja 次世代の製品:電磁気の推進技術で動く自動車

次世代の製品:電磁気の推進技術で動く自動車

by admin

ご存じの通り:

電磁誘導は、次世代の自動車のためにクリーンかつグリーンな強力な機動力となる刺激的なアイデアです。磁界は簡単に固体や液体、ガスなどに浸透するので、自動車が路上やレール、または地下を走る場合にも、このシステムを使用することができる可能性があります。推進力システムは、極が反発して加速度的なメカニズムの働きをするように、埋められた磁石の両極性の強弱により移動することができます。対極は、ブレーキ・システムの働きをします。マルチ方向への推進力は、いろいろな側に多くの磁石の取り込むことにより可能になります。

Electromagnetic propulsion technology

変革の必要性:

輸送は確かに、人類が必要な手段の1つです!そして、その大部分は化石燃料が使用されています。今や、消滅しつつある化石燃料から、従来とは異なったエネルギー源を使用する方向へ変わらなければいけない時です。多くの新技術は、太陽エネルギーを利用しようとしています。太陽エネルギーは無限にありますが、地下や水中、または特定の季節や気候によって、太陽の位置がどこにあるかによってエネルギーの供給量が異なってきます。そのため、どこにいても同じ様に使える無限のエネルギー源が必要です。その答えが電磁気です!

1.  2020年のコンセプトカー

Concept vehicle for the year 2020

新技術:

この自動車は、電磁誘導によって走ります!車輪は2つのコンセントリック・リングで作られています。1つは永久磁石で、もう1つは電磁石です。自動車のシャシーに取り付けられるリチウムイオン電池によってこの電磁石は作動します。磁石と同じ極性を受けて、反発力を運動エネルギーに変換します。自動車にブレーキをかける場合は、異極性が互いに向き合わせになるように作られています。これは引力をブレーキ・メカニズムに変換しています。自動車の内装は、最新の車と同じくらい豪華で快適です。

どのような違いがあるか:

この自動車は、従来のエネルギー源に全く依存しません。そして長距離を走ることができます。太陽エネルギーに依存する自動車は太陽を必要として、ある地方や季節によっては上手く作動しない場合があります。しかし、そのようなことは、この自動車には当てはまりません!燃料タンクやモーターを必要としないのです!

2. MAG マグネティク・カー・コンセプト

MAG magnetic vehicle concept

新技術:

これは、自動車に動力を供給する際に2つの技術の効率的な使用を公開して、「目に見えないテクノロジー賞」を受賞した磁気空気力学のコンセプトカーです。自動車は、推進力を生成するために自動車の電気エンジンと相互作用する磁気道路で動くように設計されています。座席は、その人の体に合うようにフレキシブルにできています。

どのような違いがあるか:

磁気反発は、道路と電気モーターのフィールドの極性のために、車両を50%軽くしました。これは、自動車の効率を増加させて動力を供給するためのエネルギー必要量を減らすためです。座席は人の体のラインに沿ってそれ自体の輪郭を変えることができるので、とても快適に運転することができます。

3. Pandur 2L

Pandur 2L

新技術:

Pandurは、電磁誘導だけによって動くグリーン自動車です。2020年のコンセプトカーと同様に、この自動車は推進力を生成するタイヤがあります。車輪は球体で、磁石とモーターが取り付けられています。これらが自動車に推進力を供給する電磁場を生成して、自動車用の原動力として作用します。

どのような違いがあるか:

この自動車が市場に出てくると、ガソリン・スタンドが全く必要なくなります!今日の電気自動車とは異なり、充電ステーションの必要もありません!自動車は、完全に自立型でクリーンです。このコンセプトが実用化されれば、インフラの開発予算を大きく節約することができ、世界は確実にクリーンかつグリーンな場所に変わります。

Today's Top Articles:

You may also like