クリーンな道路を目指す、魅力的な5つのゼロ・エミッション・バイク

ゼロ・エミッションの自動車とは、乗用する際に排気ガスを一切出さない自動車と定義されてきました。排気ガスによって、有害な化学物質や粒子そしてガスが放出され、空気汚染は大規模に発生しています。これらは少量に見えますが、世界中の排気ガス量を合わせると、途方もない大きさになります。この問題に対処するため、沢山の電気自動車が生産されてきましたが、これらは電源が完全にクリーンではないことがあるので、厳密な意味ではゼロ・エミッションとは言えないかもしれません。さあ、ここで以下に紹介する5つのバイクは、完璧にクリーンなバイクです。

BMW HPクンスト

新しいBMW HPクンストは、その外見の通り未来的なバイクです。ゼロ・エネルギーのバイクは、BMWのような大手がそれらを商品というレベルに引き上げたことで、重要なものになっています。ヴァランシエンヌのISD(インダストリアルデザイン)の学生グループが、BMWチームのメンバーと共にこの美しいバイクの開発に取り組みました。ゼロ・エミッションのため、水素を電源としています。

水素の燃料電池に対する問題は、安全面にあります。水素は爆発性ガスであるため、バイクの安全性を保持するために、20ℓのガスを蓄積できる特別な低音タンクがデザインされました。操縦やブレーキは100%電気によるもので、バイクはスムーズで乗り心地がよい電気浮上システムに基づいています。フレームはアルミニウム製で、チューブ部品は炭素と鉄でできています。

ソーラーパワー・バイク

ここは、各個人が変化と変形を実現できる世界です。パデュー大学の学生トニー・デンジャー・コイロは、たった50ドルでスズキのバイクを購入しました。2500ドルを費やした数年間の熱心な改良で、、今日このバイクはエコ・バイクという分野では最高峰のものになっています。改良を重ねたデザイナーのモットーは、「ラン・オン・ザ・サン(太陽で走る)」であるようです。静かに走るこのバイクは、最高速度時速45マイル(約72km)で24マイル(約38.4km)走行することができます。

それは、シュールなものです。安くて静かで環境にやさしいバイクは速く走り、そしてカーボン・フットプリントを一切残さないのです。このバイクの仮特許を取得し、彼は現在さらに大きなプロジェクトに着手しました。彼は、100という数字に夢中です。太陽エネルギーのみで、時速100マイル(約160km)で100マイル走行できる100馬力のバイクの開発を目指しています。この理想のバイクは、世界が望むものですね!

エアパワー・バイク

ジェム・スタンスフィールドは、航空学の学位、特殊効果専門家としての経験、そして消防士が呼吸器として使用する圧縮空気のボンベ2本を上手く活用しました。それら全てを使って、彼は世界初であろう空気パワーのバイクを開発したのです。最高速度時速18マイル(約28.8km)で7マイル(約11.6km)走行できるこのバイクは、短距離通勤の人々にぴったりでしょう。ペダルを加えてハイブリッドにすることで、その使用度をさらに高めることができます。

圧縮空気のボンベを満たすために電気が使用されるので、これは100%クリーンとは言えないという人もいるかもしれません。しかし、このバイクは、その使用量に関わらず、石炭を燃焼し続けます。石炭が燃焼しているオフ・ピーク時に空気を補充すれば、このような最も敏感な批評をなだめることができるでしょう。繰り返しますが、この製品もまた、改良・完成され、商品化されるべきものなのです。

圧縮空気パワー・バイク

エドウィン・イー・ユアンによって空気力学的観点でデザインされたこの超軽量バイクは、前に取り上げた圧縮空気を動力源としています。推力を上げるために、このバイクは2本の圧縮空気タンクを搭載しています。しかしながら最も良い点は、空気タンクを補充する際にもクリーンである点です。空気をタンクに注入するエネルギーを作るソーラーパネルを搭載しているのです!真に環境にやさしいバイクといえますね。

使用されている回転空気エンジンはコンパクトで力強く、最大3000rpmで回転しています。シングル・ギアのこのバイクでは、鎖止めは直接エンジン軸に止めてあり、軸はまた後輪に止めてあります。空気タンクは、丈夫で軽量の炭素繊維でできています。ソーラーパネルを搭載したことで、よく晴れた日にはバイクは際限なく走ることができるのです!太陽を映すカメラは、バイクのライトの代わりに備え付けられています。

水素パワー・バイク

古いビューエル・サイクロンバイクは、スワースモア大学の2人の学生によって改良され、水素燃料電池によるエネルギーを動力とするバイクになりました。実際はプロトン交換膜燃料電池であるバラード燃料電池が搭載され、イタリアのCFRが作る電気モーターを使用して約1.2 kw (1.6馬力) の電力を発電します。

水素ガスの備蓄という危険を乗り越えたこのバイクは、メタルハイドライドを含むボンベを搭載しています。熱による化学反応によって、ハイドライドから水素ガスが排出されます。この方法により、約200ℓの水素が、ハイドライドの形でタンクに蓄積されるのです。このバイクには、かなり良い46%というエネルギー効率が期待されています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top