有害廃棄物を処理するエコ製品

Eco friendly toxic waste cleaning

ご存知の通り

有害廃棄物とは、人間や動物に悪影響を与え、時には死に至らしめる物質です。周囲にいとも容易く広がり、川や湖を汚染します。有害廃棄物は通常、商業や工場から排出されますが、化粧品やスプレー製品など家庭用品から排出されることもあるのです。それだけでなく、肥料や殺虫剤といった農業用品から発生することもあります。ヘドロや固体、液体など様々な形態で現れ、化学物質、放射性元素、危険な病原体、重金属やその他の有害物質などを含んでいることがあります。有害廃棄物はまた、可燃性、腐食性、爆発性を備えていることがあり、大気質を汚し酸性雨となって地球の土壌を汚染するものもあります。

変化が必要

通常有害廃棄物は、空気、水、土壌を汚染し、地下水に侵食して地下水を資源としている地域に悪影響を及ぼすことがあります。急進的な工業化により、多くの工場が環境汚染源となっており、世界中で一日何百万人もの健康に被害を及ぼしているのです。世界各国の政府により様々な対策がとられてきました。有害廃棄物の使用や処理を規制してきましたが、環境を汚染する有害廃棄物の不適切な扱いが依然として蔓延しています。

環境を保護し有害廃棄物を取り除く、個人や機関の干渉や意識が発展してきました。このことから、多くの先進国において、有害廃棄物の取り扱いは、政治議題のポイントになることがあります。よって、有害廃棄物の扱いと処理を規制するだけではなく、日々捨てられ増大する有害廃棄物に早急に対処する努力を実践する必要があります。

次は?

1. 安価な活性炭布

Inexpensive Activated Carbon Cloth

30年前の1980年代に開発された活性炭布は、有害廃棄物処理に際しコストのかからない解決案です。活性炭布は、レッグウォーマーや肩パッドなどから作ることができるため、コストがかからず柔軟性があり、もともとは化学兵器から兵士を保護するために開発されました。しかし、イギリスのアバティー・ダンディー大学の研究員たちのおかげで、活性炭布の日用への適用が考案され、飲み水中の薬物や毒物のろ過、有毒廃棄物の除去、病院における空気清浄システムなど様々な事物に役立っています。

2. 有害廃棄物除去ジェル

Blue gel

2011年3月初めに日本を襲った地震や津波により、深刻な被害がもたらされました。その中で、街の近辺に住む住民に最も害を及ぼした施設は、原子力発電所です。津波によって被害を受けた原発からは、有害な放射性物質が流れ出しました。これから先このような有害物の漏洩を防ぐために、ホノルルの研究者たちが「デコンジェル」と呼ばれるジェルを開発しました。製造会社によると、最初このジェルは液体で、汚染物質の表面に吹きかけることができます。乾くとジェル状になり、放射性物質やベリリウム、クロム、水銀やPCB(ポリ塩化ビフェニール)といったその他有害廃棄物を包みます。その後固まったジェルは剥がし、廃棄することができるのです。

3. ミミズ

Earthworm Can clean waste

まさかと思うかもしれませんが、地球環境問題の国際ジャーナルにおいて、有害物質を消化し処理する能力がミミズにあると、研究員が発表しました。ミミズは、古い工場やゴミ処理場その他有害な場所に存在する、濃度の高い有害金属を含む有害物質を消化し処理できるというのです。ミミズなどの虫は、消化システムを有し自ら移動するため、人間は、有機物を栄養のある土壌に変えるその能力から恩恵を受けているのです。

新たな研究によって、ミミズ類は金属やその他の有害化学物質の清浄に使用できることが分かりました。ミミズ堆肥と呼ばれる土壌を開発した研究員もいます。これは、ニッケル、バナジウム、鉛やクロムが含まれた廃棄汚染水を吸収することができます。このことから、私たち自身が生んだ数々の問題に対して、自然の中で解決法を探ることもできるということが分かりました。ミミズ類は素晴らしい解決案なのです。

Today's Top Articles:

Scroll to Top