Home Uncategorized ベスト・オブ・2011:未来のエコ・シティのためのプロジェクト

ベスト・オブ・2011:未来のエコ・シティのためのプロジェクト

by admin

今日では、再生可能エネルギー源とエコ・ライフスタイルが全てです。人々は、より環境にやさしいライフスタイルを送れる施設を備えた住居を探しています。開始はまだですが、環境にやさしいコミュニティのためにデザインされた住居コミュニティ・プロジェクトがいくつかあります。これらのデザインは、経済・社会レベルに優しく、病院、学校、図書館やオフィスビルといったコミュニティ・センターが並べられています。以下が、計画されている5つのプロジェクト・デザインです。

1. ティアン・イー・タウン・マスター・プラン

Tian Yi Town Master Plan

湿地に住居コミュニティを計画することは非常に難しいことです。しかし、ティアン・イーの街を見ると、湿地に住むことが非常に快適であるように感じます。これをデザインしたのは、シュミット・ハンマー・ラッセン・アーキテクツです。この住居コミュニティ計画には、自然植生や湿地デザイン、人工水路システムといった自給システムが含まれています。また、計画中の3つのゾーンによって、システムを自給的で望まれるものにしています。3つのゾーンは、植物と湿地が多い外輪、社会活動やコミュニティサービスの場がある内輪、そしてリラクゼーション活動のための大庭園がある中心部があります。自然換気や自然熱を最大に生かすため、コミュニティ内のビルは、ジグザグに並べられています。コミュニティでの生活に必要な学校、病院、図書館、その他施設などもあります。湿地に建設されるため、雨水採取システムの設置も予定されています。この計画により、収入の多少に関わらず、どんな住人もティアン・イー・タウンでの生活を楽しめるでしょう。

2. クボタ&バチマン・アーキテクツがデザインするスイス・ニーダーフェルトにおける環境に優しいプロジェクト

Kubota & Bachmann's masterplan

これは、現在開発中の地区で、都市・社会開発が行われようとしています。クボタ・アンド・バチマン・アーキテクツは、地域のエコな可能性を探り、持続可能な資源を使用する「ユーロパン-10」と呼ばれる計画をデザインしました。地域の面積、区画、住居、公共スペースや景色など、デザイン全てが環境にやさしいライフスタイルを促進するものです。このプロジェクトの主目的は、異なったバックグラウンド、文化、経済や社会経済状況にある人々が共生できることです。公共スペースには、皆が楽しめる公園や遊び場、芝生や噴水があります。住居それぞれをユニークなものにするため、各住居者が選ぶ建築家によって各々の家がデザインされます。都会において環境に優しい家を建築するために、屋根にはソーラーパネルが搭載され、エコシステムを支えるオーガニックガーデンが作られます。居住地区に人が立ち入らないためにも、25-30mのオーガニックガーデンを道路から離して設置することが提案されています。

3. CKデザインワークスによる中国・南京のプロジェクト

Masterplan for Nanjing

CKデザインワークスは、南京のプコウ地区に、20平方kmの街を建設するという野心的なプロジェクトを計画しています。ここには200万人の人々が居住し、工業・商業地域も作られるといいます。中国文化や、中国式の生活スタイルの要素が散りばめられます。LEEDの最高認証を受ける五ツ星ホテルなど、重要な10の建物が建てられる予定です。

4.ペンライのプロジェクト

Masterplan for penglai

ここは、中国国内の人気観光地の一つです。さらなる人気のために、このペンライを保護地とし休暇用の住居を建築する計画が、アーカス・ヨーロッパ社によって立てられています。中には、ゴルフ場、テニス施設を設立し、ECCアプローチ(安定化プロセス)を適用する予定です。ECCモデルに則った都市デザインをすることで、ペンライの経済・社会維持のバランスを保つことが狙いです。エコ建築デザインは、マリーナ・タウンを中心として周辺地域をデザインします。コテージやフラット、中庭やテラス付きの家など6万の住居が建てられる予定です。

5.ドンシン・ストリートのプロジェクト

Dongxin St. Conceptual Master Plan

これは、中国・昆山のドンシン・ストリート近くのビジネス中枢地区の再開発の計画です。水路システムを保護・促進するのが主な狙いです。また、再生可能エネルギー源を利用し、レジャー活動のためにも開発が進められます。この地域を環境にやさしく再開発するために、ボイドが立てている計画は、水路付近の地域の3分の1をレジャー目的に使用し、残りをオフィスや商業ビルといった経済開発のために利用することです。地区全てにおいて再生可能エネルギー源を利用する予定です。

Today's Top Articles:

You may also like