継続使用式ホームベスト10

近代社会において電気代は日に日に上がってきています。もうそんな高い額を払いたくないというのであれば、生活スタイルを変える必要があります。つまり省エネハウスに切り替えるのです。こういった家は自家発電機が設置されており、そのことで電気代を抑えることができるのです。それではそれらのゼロエネルギーハウスを見てみましょう。

ルメンハウス

バージニア技術大学のプロジェクトで、800平方フィート、寝室は1つでオープンフロア建築で拡張も可能です。屋根に取り付けられたソーラーパネルで発電した電気を使い、全体の約15%の電力をまかないます。特殊システムとして天候の変化を察知して角度を調節させます。エアロゾル壁は日中に家の中に太陽光をタップリ取り込むことで、冬の寒さを防ぎます。

ドウ化学会社のゼロエネルギーハウス

ミシガンのベイシティーに位置するこの家はコブルストーンホームとドウ化学会社によって発明されました。ソーラーパネルからエネルギーを取り込み新型パネルを採用しています。温度調整は地熱空調システムによって行われ、近代施設をエコエネルギーで使用できるほか売却もできるのです。

ソーラーなんでもハウス

ニューヨークにあるこの家はエネルギー効率を異なるカタチで実現しています。シングルルームの建築で太陽電池パネル、雨水のリサイクル、ソーラー熱システムに低VOC素材と断熱パネルも使われています。この家はコーネル大学のエネルギー科で行われたコンクール用に開発されました。

サムソンC&T

サムソンが先ごろジョンギのヨンギンに建築を発表したゼロエネルギーハウスです。68個の発電機や省エネ機器が搭載され、同社によるとエネルギー消費量を66%まで削減し残りの34%はソーラーパネルによってまかなわれています。3層窓システムも採用されています。

浮遊ハウス

地中海用にデザインされグリーク・ザンテという島の近くに置かれる予定です。エコフレンドリーで自家発電式機器を搭載しており、エネルギー使用量を減らします。波力発電システム、蒸留システム、水のリサイクルに日陰作りようハイテク技術も兼ね備えられています。

モダンバッチホーム

トルーロにあるこの住宅は6200平方フィートで、省エネスターレーティングも取得しています。重要機能としては地熱井戸と太陽電池パネルシステムです。余分な発電力分は電線に還元されます。

マイクロソフトホーム

コンピュータソフトウェアで成功した後に、マイクロソフトはユーザーフレンドリーで環境に優しい生活空間の開発に乗り出しています。100%太陽電池使用でラスベガス近郊に建てられるこの家は電気代を全く必要としないことが特徴的です。

クアラルンプールのゼロエネルギーホーム

クアラルンプールのバード島で進むプロジェクトはシリコンガラス生地を使ってゼロエネルギーハウスの建築を目指すものです。軽量でフレキシブルな素材の使用で鳥のように天然素材を生かして暮らすことができます。竹でできているほか、使用済み水の再利用もします。太陽光を反射させて室内を涼しく保つため、エアコンを必要としません。

スペクト・ハープマンの自家発電ハウス

建築デザイン会社のスペクト・ハープマンが数年前に発表したゼロエネルギーハウスです。大人が4人寝泊りできてLEDライトに太陽電池発電機を内蔵し、廃棄物浸透現象を発生しません。

UTノックスビル製ビル

情報科学、太陽エネルギー、省エネビル素材に継続利用可能ホームデザインを混ぜ合わせたのが「リビングライト」と呼ばれるこの建物です。テネシー大学とORNL研究所をはじめとして、多くの大学の建築科とのコラボで開発が行われています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top