Home Uncategorized サンフランシスコのソーラーハウス

サンフランシスコのソーラーハウス

by Ecofriend1874

サンフランシスコにソーラーハウスの波が

世界が様変わりを続ける中で、生活面でも多くの変化が見られてきています。エコフレンドリーハウスも新しい方向性を見せ始め、個人レベルでそのオシャレさと省エネ効果に大きな注目を集めています。世界中の建築会社も積極的に宣伝をしており、サンフランシスコ南部で特にソーラーハウスが一般化してきています。専門家もソーラーハウスのこの急速な伸びを指摘しており、2011年以降ソーラーハウスは最も一般的な住居とまでなりました。このプログラムマネジャーによるとソーラーハウスの全住居に対する割合は増え続け、2016年には38%まで上がることが予想されています。

種類

ソーラーハウスはそのエネルギーシステム上、他のエコフレンドリーハウスとは異なります。出始めの当初は一部のエコ愛好家だけが注目していましたが、いまでは最も人気のエコフレンドリーハウスにまで成長しました。その分野では名の知られたネクサス・エナジーはソーラーハウスを続々と建築し続け、この傾向はこの先も続いて行くことになるでしょう。

ソーラーハウスとは?

ソーラーハウスの特徴としては以下のものがあります。

断熱パネルの採用。スターパネルが取り入れられ、手軽に省エネ効果が期待できます。これに加えて、水の冷却・温水化のエネルギー使用法も考慮されています。

空調システムとエネルギー回復システムの採用および両者の一体化の実現。

電気代を節約して室内空気の質の向上。骨組みも頑丈に作られ、耐震性も抜群。

使用するレンガもエコフレンドリーにリサイクルレンガを採用。

専門批評

国連のエコフレンドリーエキスパートは個人レベルでのこのようなエコ住居への移行は人気を増す一方で、一度設置してしまえば12ヶ月間は電気代がゼロになるようなソーラーハウスを目指しています。これによってサンフランシスコでは住宅においてはその他のエネルギー源を必要としなくなるようになるというのです。

また、このプロジェクトが軌道に乗ると国連のオフィスなどにも適用されるよう予算運営がなされるということで、これからもエコフレンドリーなソーラーハウスの需要は高まるばかりです。

Today's Top Articles:

You may also like