オークパーク

グリーンホーム:最新のトレンド

流行は流行り廃れがありますが、このグリーンに生きるトレンドは無くなってはいけないものです。世界中で高まるこのトレンドは環境を守り人類のために役に立つのです。グリーンな生活を実現するにはいろんな方法がありますが、グリーンホーム住むのもそのうちの1つです。最近ではあまり珍しくなくなってきてさえいるので、改築を機にグリーンホーム化するケースも目立ちます。グリーンホームの定義とは、環境に優しく継続利用式の建築素材を用いて水や電力を効果的に使用することを最大の目的とした建物のことです。

最近ではグリーンホームの人気は上がる一方で、多くの人が投資をしています。

グリーン住居:継続使用式で大変スマートなお金の使い方

マックグロー・ヒルの発行した最新レポートによると、2011年以来グリーンホームの数は2倍に増えて全体の17%にまで成長したということです。しかもこれは始まったばかりで、2016年までには38%にまで膨れ上がることが予想されています。この傾向はグリーンホームのもつ継続使用性、耐久性、そして省エネ・節水効果によるものです。オークパークのある一家も最近グリーンホームに改装して、大きな効果を得ています。

緑の改革と呼ばれたこのプロジェクトは窓の交換や地熱利用エネルギーシステムによる冷暖房効果を含みます。建築素材も再生利用式のものを使い、使用済みの水の再利用もしています。このような例が世界中で見ることができます。

グリーンホームは高価ですが、買い手にも売り手にも利益をもたらしてくれるのです。ロサンゼルスのカリフォルニア大学の研究チームによると、グリーン仕様の家はそうでない家に比べて9%の増の高値で売れている傾向にあるということです。通常の家とグリーンホームの建築にかかる費用を比べてみるとグリーンホームは3-5%高い程度です。

しかしこのような金銭での見返りはさほど気にされていないようで、ガルシア・ドイルさんもその一人です。彼女はグリーン化を決めた要因はお金ではなく、このようなライフスタイルを選んだからだと言います。ガルシアさんの家には自然光をタップリ取り入れられる窓が多く取り付けられておりイタリアから取り寄せた床のタイルはリサイクルした木でできています。先に述べたオークウォーターのケースのように、ここでも使用済みの水の再利用がされています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top