Home Uncategorized 地球に優しい飛行船:公害のない輸送機の未来

地球に優しい飛行船:公害のない輸送機の未来

by admin

現行のシナリオ

輸送機技術は、昨今には新規形状を取り入れて、快適で便利に移動するようになっています。時間をかけずに世界中に連れて行ってくれる様々な形態の輸送機があります。しかし残念な点は、環境に脅威となるガスを過度に消費する獣のような脅威に世界がまだ支配されていることです。世界的に環境に配慮した車両が実用化してエネルギーを効果的にクリーンに使用する努力がなされています。バス、電車や飛行機のような公共交通機関も太陽エネルギーや電気を用いて地球に優しくなりつつあります。このような車両は貴重な資源を節約することができますが、周辺環境に害が少なくはあってもガソリン車より優れたものにはなっていません。

Eco friendly airships

飛行船のメリット

 乗客を運ぶ通常の旅客機と比較すると、飛行船には多くの利点があります。飛行船は、非再生可能なエネルギーである化石燃料で航行する従来の旅客機のように環境を害することはありません。環境への影響が極めて少なくなると共に劣化の危険性も低くなります。飛行船は環境への負荷がないという優れた特徴があります。化石燃料を用いて動作した場合でも、その影響は他の一般的な航空機に比べて80~90%減少します。

飛行船は、飛行機のような形状でありモダンなデザインをしており、浮力と揚力を上手に利用しています。その特徴として、飛行機のように小さな尾翼と翼が付いています。新世代の飛行船は、助力がなくても離陸することができると共により安定した状態で重量をプラスすることができます。これら飛行船の優れているところは離着陸に平面を必要としており、その平面で水上でも同様の動作をすることができることです。化石燃料の優れた代替品である液体水素燃料を格納可能な唯一の輸送手段は飛行船です。

近未来を垣間見る

1. 太陽光で飛行するSunship

Solar Flight Sunship

構想者: Solar Flight

構想:

飛行船には長距離を安全にかつ限られた燃料で航行してきた歴史があります。Solar Flight Sunshipは、剛性のある形状でありながら空気より軽い形態を持つ長距離用の飛行船です。このSunshipは、小さくなって24000フィートの高度で飛ぶことができます。一人を乗船すると高い高度を、2人を乗船すると中間の高度、三人を乗船すると低い高度にすることができます。飛行船は太平洋や大西洋を横断できるように設計されています。Solar Flight Sunshipは、太陽エネルギーを利用して地球をまわっており、環境を汚染しないので賞賛する価値があるもといえるでしょう。

2. AirShipOne

AirShipOne

構想者: Gosha Galitsky

構想:

AirShipOneは、飛行機と半硬式飛行船との間のギャップを埋めるためのものです。このハイブリッドは太陽電池式であり、二重甲板の客室を有しています。この客室は快適に過ごすのに十分の広さがあります。AirShipOneは、誘導式のダクテッドファンのお陰で毎時120マイルの速度で航行することができます。このクリーンで地球に優しい飛行船のアルミ製の骨格は、精巧に細工された半硬質の構造になっています。AirShipOneの骨格は高強度繊維で覆われており、そのオアネルは炭素繊維で作られています。AirShipOneは未来の飛行船であって、大声で“Go Green (クリーンな世界へ行こうー)”と叫びたくなるような飛行船です。

3. Aircruise

Aircruise

構想者: Seymourpowell

構想:

Aircruiseは、心のこもったサービスや旅の未来を表現した鮮明な姿です。同じプラットフォーム上でホテルと飛行船とを提供するゼロエミッションコンセプトになっています。豪華にコーティングされた飛行船は毎時90マイルの速度で移動することができ、旅がエコの精神から罪悪を感じることのないような方法で人々を運びます。Aircruiseは、主に水素燃料による電池システムからエネルギーを得ていますが、太陽からエネルギーを取得することもできます。

4. Stirling Solar Electric Airship

Stirling Solar Electric Airship

構想者: Laurens Rademakers

構想:

このStirling Solar-Electric Airshipは、スターリングエンジンの原理に基づく未来的なコンセプトです。この船の層の間に存在する熱の温度差を利用した原理で、飛行船を長時間空気中に浮かせることができます。作られたエネルギーの量は、飛行船内の層の間の温度差に直接比例します。太陽エネルギーは容易に捕えることができ、さらに熱に変換されて飛行船を補助します。こうして飛行船は、夕暮れ時でさえも充分なエネルギーを保持することができるのです。

問題

飛行船の歴史を垣間見れば、災難と多くの不運な失敗の積み重ねであったことが明らかです。1937年5月6日にニュージャージー州のLakehurstで起こったHindenburg惨事の一例があります。乗客船ツェッペリン号の歴史は、30年で突然終了しました。この期間に2000回以上のフライトを成功させ、乗客数万人を運んできました。

別の事例としては、初の海外への飛行中に崩壊した飛行船R101があります。1930年10月5日にフランスで起こったその致命的な事件は、48名の人々を犠牲にしました。その事件は30年代に起こった最悪の飛行船事件として位置づけられています。余談になりますが、飛行船は毎時150マイルの最高速度にしか達することができず、飛行機と比較すると風によって非常に変動されやすい乗り物と言えます。

Today's Top Articles:

You may also like