Home Uncategorized 高速道路は未来の発電所

高速道路は未来の発電所

by admin

現行のシナリオ

交通網が必要とされて、様々な交通手段や旅行形態の発達をもたらしました。陸、海や空は活用されて発達し同様に一定の水準に達しています。そして陸路はほとんど一般道や高速道路として利用され続けています。このことは、エネルギーを作成する場所が不足してきている現代には憂慮すべき重要な事実です。しかし、これらの道路の脇のスペースはソーラーパネルを並べたり、風が強い場所には風力タービンをを並べたりことができるはずであり、このような道路のスペースはエネルギーを作るのに活用されないままでした。

Highway powerplant

土地の必要性

人口の増加により、その必要性が増加してさらに重要になることになって土地の需要は非常に高まりつつあります。土地は永久的な資源ですが、絶対的な量は制限されています。新たに作ることはできず、開拓することが最良とは限りません。食糧とエネルギーのためにその必要性は増加しており、土地が大きく不足に陥っています。土地は重要な生産的な資産であり、制限される要因となることがほとんどです。

高速道路でエネルギーを作る

毎日のように世界中で高速道路を高速で移動する車両は、相当多数になります。その動きにより作られた風の流れは、残念なことに無駄になっています。しかし車両が作った自然な空気の流れから電気を作るシステムには、エネルギーの選択肢の一つのなり得る大きな可能性を秘めています。タービンを回すのに必要な高速道路上の風の流れは、毎時3~5マイルの範囲の風速で十分です。

世界の未来

1. E Turbine

E Turbine

提案者: Pedro Gomes

プロジェクト

このタービンは、通過する車両のスピードで作られる風の流れからエネルギーを作ることを目指しています。車線の間に設置されることにより対抗する風を受け2倍となった生成された電力は、バッテリーに蓄電されます。街灯や非常用の電話や情報表示する電光パネルを動作させるために、そのバッテリーラックは蓄電とその分配を行います。そのタービンは自然な風も利用します。

2. タービンによって照明するという発想

Turbine Light concept

提案者: TAK Studio

プロジェクト

高速道路で電気を生成しようというE Turbineの発想によく似たもう一つの事例があります。車が高速で移動する際には、多くの風が作られます。この風力は、夜間にその道路を点灯するのに利用されます。しかしこのエネルギーが夜間を通して点灯し続けられるかどうか、電気を作るのにクリーンで安価な方法であるかどうかが考慮されなければなりません。

3. 地球に優しい道路

Green Roadway

提案者: Gene Fein and Ed Merritt

プロジェクト

地球に優しい道路は、非常にふさわしく命名されており、交通量の多い一般道や高速道路に沿って設置され、太陽エネルギー、風力エネルギーや地熱エネルギーを組み合わせて電気を作ります。この技術を10マイルの距離に設置すれば2000世帯以上に充分な電力をつくって供給することができます。このタービンは25フィートの高さで歩道から500フィート離れて設置されます。見た目もすっきりとしてエレガントなものになるでしょう。

4. 高速道路の風力タービン

Highway wind turbine

提案者: A student from the Arizona State Universityアリゾナ州立大学の学生

プロジェクト

このタービンは看板や電光掲示板を設置するために高速道路上に懸架される水平な鋼管に合うよう設計されています。こうした高速道路を走行する車両の平均速度は、頭上に設置された軸上のタービンを回すのに設計上十分であるとされる毎時70マイルであると算出されています。最低の風速である毎時10マイルの風速であってもタービンは、9600キロワットの電気エネルギーを作ることができます。こうして高速道路のタービンで作ったエネルギーを使って、Grand運河、Piestewa高速道路やOsborn道路を点灯して電力を供給するための進行中の計画があります。

5. “ジェットストリームスーパーハイウェイ”

Jet Stream Super-Highway

提案者: David Huang

プロジェクト

このプロジェクトはさらに突飛で未来的なものです。乗り物と環境の融合の試みなのです。車両が電気をつくるための推力を提供し、道路が必要とする車両に電力を供給して、持ちつ持たれつの関係が構築されます。このプロジェクトは、空気が絶えず流れる気流をつくる開放のある風洞トンネルの設計に基づいています。道路に並べられたソーラーパネルと、道路沿いに空気を押し出すファンも備えられています。また車両はそれらと通信するセンサを通して最大限に電力の生成を‘調整’しています。

制限事項

この技術には以下の通り3点主要な制限事項があります。

1. 高コスト: アイデアを実現不可能にするほど非常に高額な設置コスト

2. メンテナンス性が悪い: このような据え付け装置のメンテナンス性には多くのエネルギーや費用が必要になります。

3. 他の交通手段:燃料価格の高騰により長距離の道路を利用した旅行は衰退していき、他の輸送形態は置き換わっていくかもしれないのです。このようにして、この据え付け装置は充分な動力が得られないかもしれません。

Today's Top Articles:

You may also like