Home Uncategorized スピードも出るエコ自動車

スピードも出るエコ自動車

by admin

現在世に出回っている車は、だいたい乗って楽しいスピードの出ることに主眼を置いています。しかしエコフレンドリー自動車は速度が限られており、このことが足かせとなって電気自動車の普及を妨げているのです。しかし良い知らせとして、ここでは10台のスピードが売り物のエコフレンドリー自動車を紹介します。

1.風力走行自動車

イギリスのエンジニア、リチャード・ジェンキンスのグリーンバードは自己記録を更新しました。風によって発動し、イバンパ湖において時速126.1マイルを記録したのです。同社はこの最速マシンをより一般的なデザインに改良して風力走行スーパーカーとして発表する計画です。同社は向こう20年以内に風力走行自動車はもっと一般的になるだろうとしています。

2.BMW生物ディーゼルオートバイ

BMWR1150RTを改造してエンジンを3シリーズ2リッターディーゼルに乗せ換えて、ディーゼルオートバイとしての世界最速記録を破りました。創始者でクルシブル社総括責任者のマイケル・スターツ氏が運転して、ユタ州のボンネビルソルト平野で記録されました。オークランドにある同社は産業デザインを専門とし、自動車の開発に携わるのですが、そこにグリーンライン社がB100という燃料を提供しました。

3.BYUエレクトリック・ブルー

130人のブリガム・ヤング大学(BYU)がペリー・カーター助教授のサポートを得て7年がかりで開発したこの乗り物は、ボンネビルソルト平野で自己最速記録を更新しました。エレクトリック・ブルーという名のこのマシンは1100ポンド以下の重量で、これが世界記録に大きく貢献しました。計測走行時には時速175マイルを計測し、流線型のボディー、カーボンファイバーフレームにリチウムイオン電池を搭載し、地上から1インチ以下の隙間を明けて走ります。

4.バックアイ・ブレット・ストリームライナー

オハイオ州立大学の学生によって作られた一台です。以前は水素燃料電池で電気モーターを動かしていましたが、今回はリチウムイオン電池に乗せかえられました。2009年に水素燃料電池版で当時の世界記録を計測しましたが、今回はモナコにあるベントゥーリ社との共同でテスト用に改造を加え2011年にこの新型マシンが完成しました。改造後の最高時速は320マイルです。

5.アメリカ人エンジニアの開発した水素燃料自動車

スタントマンでもあるアメリカ人エンジニア、ジェシ・ジェームスはBMWH2Rのもつ記録の時速185マイルを水素ガスで動く排ガスゼロ自動車で破りました。モハベ砂漠で計測されたこの記録は時速199.7マイルで、クライスラーの1960年代のエンジンをシボレー・ツインターボ9.8リッターV8エンジンに乗せ換えて実現しました。

6.電気オートバイの最速記録

ミッションモーターとフューズ・プロジェクトの共同で開発された電気オートバイはユタ州のボンネビルソルト平野で新記録の時速150マイルを計測しました。これは一般販売にむけて調整されており、製品版は似たような機能を搭載し最高時速80マイルを可能にしています。

7.ライトニング・オートバイ

ライトニング・オートバイが電気オートバイの世界記録を達成しました。平均時速206.079マイルを計測し、ボンネビルソルト平野でテスト走行したポール・テードは瞬間最大時速208.38マイルに到達しました。オートバイは345ボルト、毎時11キロワットのLiFEPo4リン化ナノ電池パックを搭載しています。

8.限界に挑戦する電気ドラッグオートバイ

ローレス・インダストリー社とオレンジカウンティーチョッパー社はバージニアで電気オートバイでの400mの最速記録を更新しました。この一台は「ローレス・電気ドラッグバイク」と呼ばれ4000アンプの電気オートバイは363ボルト、600馬力で、伝説のドラッグレーサー「スパイダーマン」ことラリー・マクブライドによって400mを時速177マイルで走破しました。

9.生物燃料トラックの世界記録

野菜オイルで走るこのトラックはボイス大学の学生によってデザインされました。このピックアップトラックは生物燃料で走る車の世界最速記録を達成し、デーブ・シェンカー氏の監修の下で学生たちによって作られたこのトラックは南カリフォルニアで時速155マイルを達成しました。エンジンは1998年シボレーS10に改良が加えられています。

10.蒸気エンジンスーパーカー

イギリスの蒸気自動車は別名「世界最速のヤカン」と呼ばれこれまでの蒸気エンジン車の記録を破る時速139.843マイルを計測しました。全長25フィートでカリフォルニアで作られたこの一台はチャールズ・バーネットによって運転され、12個のボイラーは液体ガソリンで温められた水が摂氏400度まで上昇しタービンに送られてエンジンを動かします。

Today's Top Articles:

You may also like