Home [email protected] @ja プラチナ・プロセス:ニッケル・モルブデン触媒が、効率の良い燃料電池の合成に役立つ

プラチナ・プロセス:ニッケル・モルブデン触媒が、効率の良い燃料電池の合成に役立つ

by admin

現時点での環境保全技術を進める最善の方法が水素燃料電池であることには全く疑いの余地はなく、太陽光や風力のような代替エネルギー源も数多く提案されていますが、燃料電池技術が提供する利便性や信頼性、携帯性に匹敵するものはありません。ところが、水素燃料電池合成がもたらす最大でもっとも皮肉な障害物がプラチナの使用なのです。最終的に水素を発生する水素燃料電池の主成分である水は、もっとも安く(ただも同然で)入手できる材料であるのに対して、製造過程で用いられる触媒が、現存する中でも最も高価な金属―プラチナだというわけです。

Brookhaven National Lab Solves Hydrogen Fuel Puzzle With Nanotech

プラチナは水素燃料電池にとっての完璧な触媒になりますが、しかし、長期にわたる開発においては、まれにしか入手できないことや途方もない価格の高さのせいで、全く使用不可能だということもまた事実です。そこで、ニューヨークのアプトンにあるブルックヘブン国立研究所の科学者たちは、その問題に対するあまり高価でない代替物、言うなれば「プラチナ解決策」を考え出しました。そのチームは、特殊なニッケル・モリブデン触媒を開発しましたが、それが確実に完璧な触媒になるようにと、窒素が注入されました。

いずれの成分も、それらだけでは理想的な触媒にはなりませんが、それらを組み合わせることが明らかに功を奏し、このことは事実上、現在の燃料危機をうまく解決できるであろう、より安価でしかも効率の良い水素燃料電池の合成への道を開きました。このような完璧なレシピに偶然にもめぐり合うというのは、それだけでも難しいことかもしれないのに、科学者たちは、そのレシピを商業規模で再現するのは困難なことではなく、何の問題もないはずだと考えています。

出典: Idealab

Today's Top Articles:

You may also like