エコフレンドリーキッチン

キッチンもエコに行こう

今日の世界中での問題は天然自然の減少です。建築素材や機械、家具などが使えなくなってしまうと普通は廃棄するしかないのでものすごい量の産業廃棄物が出ることになるのです。エコシステムのバランスがこの影響を受けて崩れているので、リサイクル、修理などに注目が集まっています。つまり、壊しても直してもう一度使うようにするのです。企業の中にはすでにこの動きを始めたところもあり、私たちも追随することができるのです。

エコフレンドリーキッチン家具

キッチンから始めるのがいいでしょう。アクセサリーや貯蔵容器はエコにできます。カウンタートップやキャビネットなども良い例です。ですからハードトップや鉱石からできたメタル製のものは好ましくないのです。胡桃や樫の木などのハードウッドは生育に時間がかかり、切り倒してしまうと代わりのものを植えても生産効率が悪いのです。天然鉱石に関しても同様で地下の資源に多大な影響を与えます。

圧縮木材やリサイクル鉄はキッチン用の代替素材としては最適です。圧縮木材は生育の早いソフトウッドからできていますし、鉄やアルミをリサイクルしてキッチン家具を作ることもできます。ガラスもなかなか良い材料で、タイルや天井などに利用することができます。見た目もきれいなのが特徴です。

料理や保管をエコフレンドリーにする方法

エコフレンドリー料理は使用エネルギーの少ないIH鍋がよく、ガスや電気よりも速く料理できます。また、エコ保存容器は沢山市場に出回っていて、おそらく皆さんも1つくらいは持っているのではないでしょうか。詳しく見ていく前に、必ず使うことになる素材について確認しておりましょう。プラスチックです。ポリビニールやPVCは1950年代に使い捨てコンセプトを元に一躍普及しました。今でもアルミホイルとの混合利用で沢山使用されています。

しかし、近代化のツケは時として多大なものです。ビニールによって包まれた食品を消費することでホルモンのバランスを崩し、甲状腺がんや流産などの健康における被害が出てきます。アルミニウムはアルツハイマー病に関係しているとされ、アルミホイルはエコシステムを大きく汚染します。

グリーンに食料を保存するにはガラスやステンレス容器を使うようにすることです。若干値段は張りますが健康によくてエコフレンドリーです。ガラス容器はシチューやスープや残り物の保存に最適でリサイクルも簡単です。さらにガラスはシミもつかず、臭いも寄せ付けず電子レンジにも対応します。ステンレスは食品の保存には最も最適な容器です。食品の鮮度が保たれて洗うのも簡単、壊れにくくて再利用可能です。

エコフレンドリーキッチンアクセサリーと保存容器に関しては2種類の面を考慮する必要があります。安全性が第一で、薬品や人体・環境に危害を与えるものは入っていないことが大事です。次いで、リサイクルが可能かどうかです。これらに気をつけることで少しですが環境のバランスを保つことに貢献できます。人間の体同様に環境も健康にしてあげましょう。

Today's Top Articles:

Scroll to Top