建築家が提案する持続可能なザグレブ空港都市

環境意識が増加する中、世界中の建築家達が、可能な全ての方法で自然の資源を利用し、地球を救う革新的な方法を考え出しました。 ザグレブ国際空港は、環境に良い生活を目指す、環境に優しいプロジェクトの一つです。 これは様々なタイプの、独創的で持続可能な建設構造体と風景の一つです。 このプロジェクトでは、幾つかの小さなキャンパスを組み合わせて、新しい空港都市として知られる、一つのキャンパスを形作っています。 新しい空港都市は、森や噴水、石畳の広場に囲まれています。 息をのむ様な美しい風景は、キャンパスに建つ建物の周りに、素晴らしい環境を提供しています。 空港内には体系的に統合されています。 このキャンパスの地面を走る車は一台も存在しません。 別の言い方をすれば、車両の動きを別々にし、空港の活動機能を阻害しないのです。

Zagreb international airport

建物のエネルギー及び構造システムは、環境への影響を最小限に保つような手法で、特別にデザインされています。 炭素中和にも貢献しています。 自然に動作する放射暖房や放射冷却、受動的換気のおかげで、電気系統や機械的な空気の動きは殆ど使用されていません。

濾過機能や機械的な換気の使用への依存は縮小され、キャンパス内に冬の庭園や樹木で壁を作っています。 この様に内部の空気を調整し、エネルギー消費を大量に節減しています。 建物には三層構造の引張屋根があり、様々な機能をもたらしています。 コンクリートのアーチが屋根の厚い層を支えています。 それらはターミナルビルの暖房や冷房にも、熱を活性化する働きをしています。 この建物を持続可能にするため、他にも数多くの手段を用いています。

このプロジェクトを環境に優しくしている主な要素の一つに、最大限に太陽光を取り込むように建物の表面をデザインしているので、エネルギー消費量を削減しています。 これは、自然と人間の恩恵の為に、出来る限り太陽の力を利用しようとする優れた努力です。 また航空機の騒音も遮断しています。 三つ発電機が電気、暖房、冷房を提供する目的で用いられています。 空港都市の建物内のエネルギー交換の為に設置されたシステムがあります。 また、雨水浄化システムや汚水システムが、このプロジェクトをより環境に優しものにしています。

Via: CIE

Today's Top Articles:

Scroll to Top