Home Uncategorized 『コミュ』 ジェネレーションギャップを埋める公共都市型座席

『コミュ』 ジェネレーションギャップを埋める公共都市型座席

by admin

現代の都市社会のニーズを考慮して、ニック・モリスは他にはない共有座席の取り合わせを発表しました。 この公共都市座席は「コミュ」と名付けられ、様々なパターンや形、サイズでき、どこにでも設置できる現代のユニットです。 この取り合わせ全体には、テーブルや、照明、避難所など、様々な座席モジュールが組み込まれています。 中央の照明ユニットからその様々な構成要素に至るまで、各世代のニーズや世代に合った外観にデザインされています。 全ての世代や個人の趣向に合わせて、座席モジュールや仕上げや素材を変えています。

Commu

子供向けには、走り回ったり上ったり滑ったりする行動を支える対話型形状で、カラフルで明るく物を提供しています。 完全なリサイクルポリエチレンの容器は、これらの強靭な形を作るための、基本的な素材として使用されています。 一方、人間工学に基づいた肘掛付きの座席モジュールは、高齢者の為にデザインされています。 他の世代の人々と対話しながら、樹木や環境を楽しむことが出来ます。 高齢者にとってこの魅力的なモジュールは、イロコ木材や研磨仕上げの柔らかい鋼材を使用して作られています。 若者達のエリアは研磨仕上げの硬材とゴムでカバーされた座席モジュールを使用して開発されています。 このモジュールは、グループで座るためにスタイリッシュなレベルに変更することも、個人のスペースを作るために、高い位置に構造を変更する事も出来ます。

暗く隠れた狭い空間は無く、コミュはどの世代にも、いつでも使用することが出来ます。 モジュールと中央カバーにコーティングされている太陽光発電で、照明装置の電力を作っています。 床は、汚染を吸収する二酸化チタンを使用してコーティングされ、転倒を防止する為に表面の制御力を維持しています。 このデザインを作った目的は、全ての年齢層の人々が結び付く自然なコミュニティの強化を目指しています。 このようなコンセプトは、人々の偏った行動をコントロールし、先入観を取り除くのに役立ちます。 コミュの様な場所は強い信頼関係を築き、安心感やコミュニティーの世代の多様性を啓発するのに役立ちます。

 

Via: ビハンス

Today's Top Articles:

You may also like