Home Uncategorized 都市型一般向けスマート・ピックアップコンセプトの詳細は、まだ明らかにされず

都市型一般向けスマート・ピックアップコンセプトの詳細は、まだ明らかにされず

by admin

スマートな新しいコンセプトカーは、ピックアップ車両は、常にカウボーイの様な雰囲気を漂わせ、可愛らしく小さく、環境に配慮する車であるべきでないとの認識に挑戦しています。 今月デトロイトで行われる、2012年度北アメリカ国際自動車ショー(NAIAS)に展示される一般向け都市型スマートピックアップは、驚くべき多くの仕様があります。 それは革新、ガソリンポンプからの解放、スマートな走行法を確実にしています。 この完全電動2人乗り車の全長は3.5m以下です。 小さめのサイズは、実はどの既存のピックアップバントラックにも当て嵌まるものです。

for-us

このスタイリッシュな外観と新機能以外に、新車のエコ証明について適切な説明が必要です。 一般向けスマートコンセプトの様な完全電動ドライブシステムは、ユーザーをガソリンポンプに依存する事から解放しています。 55キロワットの磁気電動機を備えていて、容量17.6キロワット時間のリチウムイオンバッテリーパックがサポートしています。 このパワートレインは、エンジンが3.6キロワット時間のトルクを生成し、最高速度毎時193kmを達成できます。

デザイナーによると、バッテリーは充電に8時間掛かります。 他の特徴は、後部が見えるビデオカメラと格納式テイルボードと共に機能するスマートフォンホルダーがあります。 さらに広々としたトラックは2台のスマート電動自転車を乗せるようにデザインされていて、これらの自転車を充電するドッキングステーションも備えています。 会社によると、2台の電動自転車は、新しい車のレンジエクステンダーとしても活用できます。

他の全スマート車の様に、これも85%リサイクル可能です。 実際、全車体が100%リサイクル可能な素材で作られています。 これで車のパーツはゴミ処理場に冬季されなくなります。 殆どの部品は他の車に再使用することが出来、ユーザーは、自分の好みに応じて外装をカスタマイズするオプションもあります。

小型のピックアップカーの有用性についての疑問があるのは当然で合理的です。 電気自動が少し人気があるのを考慮すれば、仕様は現実的というよりかなり嗜好を凝らしている、と言えるかもしれません。 車は込み合った都市空間に、機動的解決策として市場に出されていますが、機動性に関して厳しい制約を取っています。 バッテリーを定期的に充電するのは常に面倒で、このようなタイプの車は、遠距離走行には使用することが出来ません。

しかし会社は、 このエコ意識を持ったミニピックアップの有用性を正当化する為に、異なる考え方を持っています。 米国でピックアップを所有する人が全て、トラックを満載にして走行する訳ではない、と言います。 また小型車は走行スペースを多く取らず、駆動する為に必要な燃料も少しです。 これは、大きい車が優れているという、アメリカ人に広がっている感覚に反しているのが実際の所です。 しかし小さいサイズは、現代の若く活動的な世代に、機動性と環境全ての問題の鍵を握っているかもしれません。 会社は、私達の為のコンセプトカーが、市場に出る日付や価格については詳細を明らかにしていません。

Via: ギズマグ

Today's Top Articles:

You may also like