Home Solar [email protected] @ja @ja インドでナクサル党の影響を受けている各県が太陽光を用いた水道システムをさらに受け入れる

インドでナクサル党の影響を受けている各県が太陽光を用いた水道システムをさらに受け入れる

by admin

インドは、環境に優しい生活を目指しての競争の中で、ヨーロッパや中国、アメリカに追い付こうと決意しているようです。グシャラード州に非常に大規模なソーラーパークを建設し、他の州には小規模な水力発電プロジェクトを導入するための構想を練っているのに加えて、現在、極左主義の影響の強い78の県に、10,000件の太陽エネルギーによる水道システムの設置を計画中です。このシステムは、国内でも、気温が摂氏40度以上に上昇することもあるのに、清潔な飲料水をほとんど、あるいは全く利用できない農村地域に設置されることになっています。

solar powered water pumps in india

ジャイラム・ラメシュ大臣は、最近開かれた会議の席で声明を出しました。このプロジェクトにより、政府には約54億ルピーの費用がかかることになります。大臣によれば、資金調達は問題ではないが、唯一残されるのが、この導入を継続して推進できるかどうかということだそうです。ちなみにこのプロジェクトは、この種のものでは初めてではなく、やはりナクサル党の横行するマハラシュトラ州のガドチローリー県には、ドイツ製の地下水ポンプと自国インドで製造された太陽光パネルを用いた200件の水道システムがすでに設置されています。

インドでももっとも極左主義の影響の強い州では、ごくわずかな開発しか行なわれていないことがわかります。あらゆる混乱の真っただ中でインフラを確立するのは困難なことであり、したがって、この太陽光ベースの水道システムプロジェクトはむしろ称賛に値するものだと言えます。政府が、78県すべてに導入するという目標をどの程度まで推し進めることができるかは、今の時点ではわかりませんが、これらの農村地域の住民たちはきっと、この計画を喜んで受け入れることでしょう。

ナクサル党の影響の強い県の多くは、電力不足のような他のインフラの問題にも直面しています。これらの地域は森林の真ん中や辺鄙な場所に位置しているために、必要性の高い公共施設の設置が難しいのかもしれません。政府の打ち出したこの計画によって、再生可能エネルギーの利用を推進するとともに農村地域に住む人々の生活水準を高めるという目標を達成しようとしていることがわかるはずです

出典: Timesofindia

Today's Top Articles:

You may also like