フィンランドのカラマツの家:エコフレンドリーのプレファブ住居

貴重な地球の資源と自然環境を保護するステップは常に必要とされていて、Djuric Tardio社はサステナブルな建築スキルを使って地球保護に寄与しています。この構想は、「Finnish Larch Home(フィンランドのカラマツの家)」の創造として結実しました。これはプレファブのエコフレンドリーな家です。この美しい家は、環境に優しい特性をいくつも備え、グリーンな建材であるフィンランドカラマツで100%開発されています。家を建てるため、それ自体もサステナブルな建造システムを用いています。

Finnish Larch Home

カーボンフットプリントを減らすため、設計素材をプレファブリケートにしました。これらのプレ建造ユニットは、主な建造地で組み立てられる必要があります。Djuric Tardio社は、たったの2週間で組み立てを完了するだけの能力をもっています。屋根は開いた構造になっていて仕上がっていないかのように見えますが、これが標準的なひな形として、環境に害を与えずスペースも節約します。屋根の間に生物が住みついたら、日光で育っていくので、植物テラスにすることができます。住民は、蔦性の実のなる植物を屋根テラスにはわせて、健康的な実を収穫することもできます。屋根は環境にとても優しく設計されているといえるでしょう。

Finnish Larch Homeはフィンランドの木材パネルを使った基礎で、パネルの調達は自己保存できる私有の森の所有者の協力を受けています。 処理をしていない羽目板と木材繊維の断熱材にも、これらの協力を受けプレカットのパネルを調達しています。これらのパネルは納品前にはほとんど仕上がるので、汚染軽減に貢献します。家の南のファサードとパティオは、冬の間充分な日光があたり、天蓋は夏の間は涼しい影になります。窓の間から自然光を蓄え、シャッター式の開口部によって適切に換気もできます。さらに、雨水を集めて、家の庭やプランターに給水できます。従って、Finnish Larch Homeは、エコフレンドリーな建物でもあり、多様なグリーンな営みを実行しています。

出典:iGreenspot

Today's Top Articles:

Scroll to Top