Home Eco Friendly @日本語 集積型太陽電池技術がエコなアートに

集積型太陽電池技術がエコなアートに

by Ecofriend1874

「エコフレンドリーなガジェット」と「ソーラーエネルギー」は、汚染と地球温暖化の懸念がある今日社会に氾濫しているバズワードの類です。そんな中、高名な建築家 André Broessel氏の設計による環境への負荷の少ない、効率的な太陽光発電装置の労作が発表されました。この作品は、球状のガラス製の発電装置で、集積型太陽光電池というユニークな技術を使って、太陽光による電力を生成します。同分野の研究者の間では、この技術はエコフレンドリーな作品と言う分野では最も優美な発明だと話題になっています。

オンラインのデザイン雑誌であるDesignboom誌が、Broessel氏の発明の素晴らしい写真を掲載する絶好の機会をものにしました。Broessel氏は、太陽光発電技術を大幅に改善できる最新イノベーションを世界に知らせたいと考え、このDesignboom誌に発明の写真を送りました

太陽光エネルギー発電装置を実現するストラテジー

Broessel氏のプロジェクトの原理は、太陽光エネルギーを転換する仕組みを造りだすことです。彼は独特な幾何学的な配列とボール型レンズを採用して、採算の取れるアプローチを考えだしています。彼が用いた構造的な配列によって、太陽光エネルギーの効率を35%向上させることに成功しました。

従来の「2軸」の太陽光エレメントとは逆に、この革新的なデバイスは360°回転する追尾式で、無害かつ防水です。この追尾式デバイスは、非耐力壁の上や斜面上でも機能することができ、建物のどこにでも対応できるようになっています。専門家に関しては、この太陽光発電の最新の発明は、微弱な月光や日光を集光する効果的な応用技術となっています。

太陽光発電装置のビジョン


 地球温暖化が地球にとって最大の脅威の一つであることは、既に知られています。これに伴い、様々な技術的な発明は、世界中の研究者によって始められています。Broessel氏の太陽光発電装置はこの文脈で重要な発見の一つです。彼自身は建築家ですが、グリーンでクリーンな未来に貢献するものを開発する決意を持っています。太陽光発電の効率のよいモデルを通じて、熱エネルギーを視覚的に集積し、エコフレンドリーな電力をつくり出そうとしています。そうやって生まれた電力は一般の人に大変に有益なものとなるでしょう。

ただし、このガラスのモデルは大変にもろく、構造上世界中で認知されることが難しいのですが、それでも偉大な発明であることに変わりありません。

Today's Top Articles: