発展途上国で最も緑の目的地

近代的な、ロボットのような生活は、ストレスや緊張に満ちています。私達はそんな日常から離れて、ストレスを減らし、自由な休暇を取る必要があります。休暇を取るために緑の目的地に旅行するのはいかがですか。意外なことに、発展途上国は、動植物の多様な形態を持ち、環境に配慮した目的地がいくつもあります。

 

ボツワナ

ボツワナのサバンナは、理想的なサファリの目的地として世界中で有名です。ボツワナのオカヴァンゴデルタは、緑豊かな植生を誇り、南部は砂漠になっていて、丁度いい植生と野生動物の観光を提供しています。干ばつと砂漠化は、ボツワナの二つの大きな問題です。このエコ観光旅行は、この国が再び軌道に戻れるように重要な役割を果たすことが期待されています。

 

ベリーズ

ベリーズは、海洋生物やマリンスポーツに興味を持っている人達にとって、完璧な観光地です。メソアメリカのサンゴ礁、西半球で最大のサンゴ礁は、ベリーズの最も魅力的な観光スポットです。ここでは、サメやクジラを見ることもできます。また、自然の友と呼ばれている地元の漁師グループとともに時間を過ごす事もできます。このグループは、サンゴ礁の保護活動をしていて、地元の漁師の人口をサポートしています。

 

ガラパゴス諸島

ダーウィンの自然選択説で有名なこのガラパゴス諸島は、南アメリカの沖合いに位置し、歴史的にとても重要です。この場所は、国連教育科学文化機構(ユネスコ)の生物園としても有名です。非常に有名なダーウィン・フィンチの他に、たくさんの珍しい植物や動物を見つけることができます。

 

コーラルベイ、オーストラリア

コーラルベイは、西オーストラリア州の海岸に位置し、そのサンゴ礁と豊かな海洋生物で有名です。ニンガルーリーフは、オーストラリア最大のサンゴ礁の一つで、コーラルベイの一部です。このリーフは、オーストラリアで最もアクセスしやすい据礁の一つです。

 

ラオス

東南アジアの内陸国は、観光客のためのパラダイス以外の何物でもありません。この国は、20の国立公園や田園風景など観光スポットがいっぱいです。毎年世界中から何千人もの観光客がラオスを訪問します。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top