ソーラー十種競技ヨーロッパ2012に出場するソーラーパワーハウス

環境にやさしい家は、住民のカーボンフットプリント(温室効果ガスの排出によって環境を踏みつけた跡という意味)を減らすことができ、資源を保存し、また人々を環境保護へと先導することもできます。しかし、私達の殆どは標準的な家に住んでいるので、カーボンフットプリントは削減できません。アメリカ・エネルギー省は、家庭の面でもグリーン政策を推し進めるため、ソーラー十種競技を開催してきました。この国際競争は隔年に行われ、ソーラーエネルギーの利用を概念とする家を20の大学チームによって競います。チームは開催地に出向いて、ソーラー十種競技のタイトルを持ち帰るために十日間をかけてプレハブ住宅を独自のソーラーハウスに変えていきます。2012年の競争は、すでに始まる準備が整っております。そして、私達は誰が勝利するのか見届けましょう。

スライド

SLIDES

カイロのアメリカン大学の研究チームは、2012年ソーラー十種競技の作品としてスライド(SLIDES)と呼ばれるソーラーパワーハウスを設計しました。エジプトの砂漠気候を利用して、彼らは太陽電池パネルを家の屋根に設置しました。スライドは家のファサードに日中滑り出し、夕方になると滑り込むという点でとてもユニークです。現地での熱に対応するために、家のファサードに穴が開いたデザインを使用し、換気をよくしました。緑の要因を増やすために、家はリサイクルされたビニール袋から作られた繊維強化ポリマーと廃材、そしておそらく現地のパピルスも使用したようです。

 

エキ(Eki)ハウス

ekihouse

エキハウスは、バスク大学からのエントリーです。このチームは、ソーラーパワーハウスの広範囲に木材を使用しました。このバスク語の「エキ」は太陽を意味し、冬の間は収縮し、夏の間は拡張する特徴を持っています。北側の家の正面は、寒い季節の間は隙間風も入らず、暖かい季節になれば微風が入るように開きます。さらに家の南側の屋根は、日除けのためにシェードとして開きます。

 

サンブロック(SunBloc)

 

SunBloc

サンブロックは、ロンドン・メトロポリタン大学のヘリオメット(HelioMet)チームより考案されたプロジェクトです。彼らの未来的な作品は、流動的な多角形デザインで軽量な材料から構築され、太陽エネルギーで電力を補います。また、周囲の建物にも太陽エネルギーを分け与えることもできます。現代的な諸設備を取り揃え、インテリアは住民の好みや生活スタイルにに合わせてオーダーメイドすることができます。

 

アンダルシアチーム パティオ(Patio)2.12

Andalucia Team Patio 2.12

パティオ2.12は、ハエン(Jaen)、マラガ(Malaga)、グレナダ(Grenada)、セビリャ(Seville)の学生から成り立つアンデルシアチームによる作品です。地中海エリアでの生活を発想して、パティオ中心の設計になっています。建物はユニット構成されていて、敏速に建設や分解することができ、また基礎土台を必要としません。パティオは、パーゴラ構造になっており、組み立てユニットの家全体に同じようなサポートが行きわたっていて家を支えています。家の土台がないので、パティオ2.12は地表への影響を最小限に抑えながら解体することができます。ソーラーパネルは、組み立てられた部屋やパーゴラに設置されています。

 

ザ・リボルトハウス(The Revolt House)

The Revolt House

デルフト工科大学の作品は、ザ・レボルトハウス。回転するだけではなく、浮くこともできる家の登場です。オランダにおける利用可能な水の量を考慮すると、チームとしては家と水を統合しようとしました。水は一定の温度を保つことができるので、冬の間は暖かく、夏の間は涼しく室内を維持することができます。家の屋根の上のソーラーパワーパネルを通してエネルギーを確保し、しかも家の回転機能を利用して太陽光線を追うことができます。住民は、リボルトハウスの浮遊機能を利用して住む場所を変えることもできます。

 

エコラー(ECOLAR)

ECOLAR

エコラーは、ドイツのホッチシュール・コンスタンツ応用化学大学のエントリーです。4つの部屋と2つの外側の6つのモジュールで構成されています。壁や屋根は半透明になっており、自然光が十分に部屋まで入ります。屋根は太陽電池で覆われており、家の電力を賄います。家の暖房システムは、蓄熱などを利用したアキュムレーターと熱ポンプで構成され、熱い水道水を供給します。排水は、排水処理機を介してトイレや洗濯などに再度使用することができます。

 

オドゥー(Odoo)

Odoo

ブタペスト技術経済大学は、ソーラー十種競技のためにOdooを開発しました。ソーラーパネルで構成される屋根と家の外壁が、透明な家の中をカバーします。レクレーションのために広く取られた中庭がこの作品の一番の特徴でしょう。できるだけ自然光を利用するために、ガラス窓をふんだんに取り入れています。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top