Home Uncategorized コペンハーゲン独特の自転車共有システム

コペンハーゲン独特の自転車共有システム

by admin

サイクリングは、健康的でしかも環境に配慮した交通手段の一つです。ゼロ排気ガスで、良い運動になります。自転車の人気は、自動車に大金をつぎ込んでいる間も衰えませんでした。実際に、過去十年の間、オーストラリアの自転車セールスが2百万台も自動車のセールスより上回っていました。

Share bike system

自転車は、デザインと快適さの面で長い道のりを歩んできました。現在の自転車は、上り坂でライダーの負担を軽減するためにギアが付いています。デンマークなどの国では、かなりの数の人々が通勤やあちこち出回るのに自転車を使っています。この現状をふまえ、デザイナー達は新しいアイディアを出します。その中でもコペンハーゲンの道路用に設計された自転車共用システムは、注目されるべきアイディアと言えるでしょう。

この都市自転車は、快適さと柔軟性のために造られました。ロックはスタンドに統合されており、それに応じて操作出来るようになっています。弾む後部のフォークと柔軟なシート調整は快適な乗り心地を可能にしました。追加の座席は明るい青色で、後部ではなく正面に固定されています。それは自転車の落ち着いたモダンな外観と合っています。しかし一番印象的なのは、ペダル、スタンド、前輪と後輪のスポークにLEDライトが取り付けられていることです。

自転車共有システムは、自転車のために考えられている多くの新しい概念のひとつです。自動車を主に利用している大都市の要求を満たす自転車を開発しようとしている挑戦者もいます。現在の傾向が続けば、私達はこのシンプルな交通手段にもっと頼っていくことになるかもしれません。

DullDaysより

Today's Top Articles:

You may also like