Home Uncategorized 氷山泥棒inチリ

氷山泥棒inチリ

by admin

氷山が解け続けていることは世界中で問題になっていますが、もしチリで起きた氷山泥棒の話が本当なら私たちが環境に対してどれほど無関心になってしまっているかが分かると言うものです。チリ警察は$6168.24相当の違法氷山氷を運んだトラックを取り押さえました。この氷は首都サンティアゴのバーでカクテルなどの飲み物に入れて提供されるために使われる予定で、5トンにも上る氷の塊からきれいに小さな氷を削りだすことになっていました。

逮捕された男は氷をパタゴニア地域のホルへ・モント氷河から取ってきました。したがって国家の所有物を傷つけたとして有罪に課せられます。このホルへ・モント氷河は世界でも有数のスピードで小さくなっている氷河の1つで毎年半マイルという危険なスピードで収縮し続けています。この氷河はベルナルド・オヒギンス国際自然公園内にあります。

氷山の氷は密度が高く長い間凍っていることができるので、バーでは人気が出るはずです。また氷の中に閉じ込められているガスのために飲み物が炭酸のような飲み心地になると言う意見もあります。

そうはいっても、結局は地球温暖化は人間の自分勝手な行いによって加速しているのは確かで、排ガスが主な原因として挙げられていますが今回の氷山泥棒のようなことは一刻も早くやめなくてはいけません。

Today's Top Articles:

You may also like