Home Uncategorized エコ生活を送るためのエコハウスたち

エコ生活を送るためのエコハウスたち

by admin

この未来的なエコハウスは、貴重な非再生可能エネルギーを保全することを目的としています。これらのエコ計画はまた、家庭内の電気代の削減も狙っています。居住環境への基本的要求を妥協しないことが、このような環境にやさしい住居の成功に起因しています。

材料

1. ラ・カシータ・エンカンターダ

「ラ・カシータ・エンカンターダ」は、エコ意識と創造性を表しています。このユニークなコテージは、78歳のマリア・ポンセと102歳になる彼女の夫プルデンシオ・アマジャによって、エル・サルバドールのエル・トランシト近辺に建てられました。貧しさと格闘し、夫婦はリサイクル・ペットボトルを使用して小屋を建てたのです。しかし、現在これは何千万人もの観光客が訪れるエコハウスの素晴らしい一例となっているのです。

2. フェニックス・コモーション・ハウス

ダン・フィリップスと彼の妻マルシャが設立したフェニックス・コモーション・ハウスは、環境にやさしく低コストの住居を提供しています。どんなにありふれた一かけらの材料でも、住居の骨格に生まれ変わることができるのです。ベースとなる材料はレンガ、壊れたセラミック・タイル、くたびれた木材、ワインのコルクなど無数にあります。これらの家は非常に長持ちで、建築家、配管工、電気工、エンジニアなど住居建築のエキスパートたちの相談の下で建設されます。

3. ビッグ・ディッグ・ハウス

ボストンの51歳のシビルエンジニア、ペディーニは環境活動家で、コンクリート、スチール、セメントといった廃棄されたトップシェルフの材料を活用して、公共住宅、公共駐車スペース、架け替え橋梁に活用しています。4300平方フィート(約1290m)の「ビッグ・ディッグ・ハウス」は、ボストンのレキシントンの丘の上に建てられました。このエコ・ホームの建設には、60万ポンド(約27万kg)の廃棄されたスチールやコンクリートが使用されています。

4. エコポッド・ハウス

このプロジェクトの目玉は、雨水採取システムでしょう。エイダン・クインによってつくられたこの家は、屋根にソーラーパネルを搭載しており、このパネルで集められたソーラーエネルギーが水を温めています。また風力タービンによって風力エネルギーが生み出されますが、風が吹かない場合に備え、木材燃焼ストーブも用意してあります。ドライトイレも称賛に値するでしょう。この家の表面を覆っているタイルは、リサイクルされた車のタイヤでつくられています。

5. ビール・ボトル・ハウス

キルメス(アルゼンチン)のエコに熱心なティト・インジェリーニの試みは、大きな賞賛に値するものでしょう。彼は19年を費やして、空のビール瓶で環境にやさしい家をつくったのです。目下のところ、彼は600万本のビール瓶がゴミとして捨てられるのを防ぐことができたのです。特別な点としては、川からきた風がビール瓶を鳴らし、水位が上昇しているかどうかを示すことができます。

エネルギー

1. ドウ・ケミカル社のインビジョン・ゼロ

ドウ・ケミカル・カンパニーとコブルストーン・ホームズによって、アメリカ・ミシガンでエネルギー消費ゼロの家が建設されています。このエコハウスのエネルギー効率を上げているものは、その気密性、ドウ社のソーラーパネル、地熱ポンプ、ソーラー温水装置、LED照明そして家中のエネルギー高効率の機器です。この家は年間でおよそ、3507米ドルの電気料金を節約し、44,855ポンド(約20185kg)の炭素排出を防いでいるといいます。

2.サムスンC&Tのグリーン・トゥモロー・ハウス

この環境にやさしい家は、韓国キョンギのヨンギンにあるサムスンC&Tによる素晴らしい功績です。68の省エネルギー・エネルギー発電システムがあり、電気やその他燃料を使用しません。

3. コネティカットにあるアイシネンを入れたファースト・ネット・ゼロ・エネルギー・ホーム

アメリカ・コネティカットのこのエコハウスは、エネルギー必要量に見合うため化石燃料や電気を一切使用しません。壁の吹き付け断熱アイシネンが、グリーン代替としてエネルギー必要量を満たしています。

4. エンパワーハウス

エコ社会の共同努力であるエコパワーハウス社は、二つに別れてプロジェクトを実施します。一つはソーラー・デカスロン社の一部として、そしてもう一つはディーンウッド(アメリカ)のハビタット・フォア・ヒューマニティの協力の下で。ゼロ・エミッションの家は、その環境に配慮した建築デザインと住居内のエコ機器によって、自給自足で約40%のエネルギー消費を削減します。

5. Eキューブ・ハウスE-

このエコホームは、ベルギーのゲント大学の力作です。組み立ても分解も簡単で、エネルギー効率がよく、手ごろな価格で炭素排出もしない家です。

デザイン

1. ランドハウス

マーク・メーラーが生み出したランドハウスは、防水の外骨格の中にソーラーパネルが設置されています。パネルが集めた日光は居住者のエネルギー必要量を満たし、それぞれのニーズに見合うよう3パターンのバリエーションがあります。

2. エッジ・ハウス・コンセプト

ウィスコンシン州ベイフィールドのチェクワメゴンベイにあるエッジ・ハウスは、雨水採取スキームと太陽光発電システムを活用しています。レヴェレーションズ・アーキテクツ社によってデザインされ、バルト海のカンバ材合板がその建築に使用されています。レインスクリーンと雨戸は地元のホワイトオークからつくられています。このエコハウスはまた、地熱利用冷温システム、夜間のエネルギー消費を最小限にする断熱ドア、空調廃熱回収装置を備えているのです。

3.ザ・パール

デヴィッド・ファンションがデザインしたこのエコハウスは、機能的なドームが特徴です。このドームは陰をつくるだけではなく、ソーラーエネルギーを集めていて、南向きのロケーションによって日光がより吸収できるようになっています。自動通気システムにより、冬の間もソーラーエネルギーを蓄えることができます。また木製のパネルにより、内部の熱が逃げないようになっています。

4. アイリッド・ホーム

オーストラリアのメルボルンにある普通の家が、エコなリフォームを施しました。この家にまぶた型の屋根をつけたフィオナ・ウィンザー・アーキテクツは称賛されるべきでしょう。この特殊な屋根は、建物内部の熱をコントロールすると同時に居住者のプライバシーを守ります。ソーラーパネル、節水トイレ、温度調節材は、この「アイリッド・ホーム」を真にエコに仕立てています。

5. チャブ・ベイのアフィニティ・アーキテクツ・ホーム

いまだ発案段階にあるこのエコ・ハウスは、完成すればソーラーエネルギーと風力エネルギーのみを使用する家になります。4つの風力タービンと高効率のソーラーパネルでもって、家のエネルギー必要量を満たすのです。その他エコな点は、金属屋根が冷房コストを削減し、タンクレス温水システムは必要とする量のお湯を提供する点でしょう。

未来に向けたデザイン

1. レイク・ハウス

エムレ・セノグルの考案するレイク・ハウスは、天然資源のリサイクルを目標としています。この中で最も注目すべき例は、雨水リサイクル装置です。炭素排出やエネルギー消費を抑える代わりに、居住者はより多くのエネルギーを蓄え、日々の需要に繰り返し使用することができます。

2. トーラス・デザイン社のコンセプトハウス

映画スライヴに着想をえたトーラス・デザイン社は、再生可能エネルギーと増加する人口のための食料生産メソッドをを発展させることを目標とするエコプロジェクトです。建物内は2,224平方フィート(約667平方m)、建物外は1,520平方フィート(約456平方m)あるので、大家族が住める十分の広さになっています。その他としては、雨水採集バレル、オーガニックフードの畑、自給自足機能が環境にやさしい点です。

3. ファビ・アーキテクツ社のソーラーパワー・ハウス

は、手ごろな価格のエコ・コンセプトハウスを考案しました。「ハウス・オブ・ザ・ファニチャー」として知られる同社のつくったソーラーハウスが、ソーラーエネルギーを集める多数の太陽光パネルを搭載するのです。この家の壁と屋根は、日光を最大限に利用できるように設計されています。遮断度の高い断熱材がこの家の建築の基本的な材料になっていますが、さらにはFJI(Finnjoist、梁)を使用する予定です。これらすべてはエネルギー消費の削減、自然光を最大に採り入れること、エネルギー浪費の削減を目指しています。

4. リヴォルト・ハウス

オランダのデルフト工科大学の生徒たちによって、賢いエコハウスが考案・開発されました。この家は、地球で増加し続ける人口による圧力の減少を目的としています。リヴォルト・ハウスは、居住する人々が必要とするエネルギー量に見合った日光を集めるソーラー屋根を搭載したハウスボートなのです。曇りの日にはソーラーエネルギーの不足を補うため、風力発電も利用されます。

5. 2050年のための家

これは、M&Aアーキテクツ社の提案するエコハウスで、イランのタブリーズ・インターナショナル・エキシビション社のマテリアル&テクノロジー・エキシビションで展示されました。「ハウス・オブ・2050(2050年の家)」というコンセプトは、石油の代わりに風力や太陽光の使用するという点を強調しています。このアイデアは、石油が2050年までに枯渇するという事実に根付いています。この家の外壁の太陽光ガラスで日中に蓄積されたソーラーエネルギーは、夜間に使用されます。風力タービンを使用し、風力エネルギーによる発電も行います。その他にも、「ハウス・オブ・2050」を将来的に使用するための様々な機能が加わることでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like