完璧な殺虫剤となる調理用油

農家の人々は、収穫物を生活の糧としていますよね。害虫による被害は彼らのビジネスを揺るがし、しばしば財政破綻にもつながります。イスラエルの農業科学者Samule Gan-Morは、このような農業従事者の悩みに終止符を打ちました。簡単な家庭用品の混合物が、パーフェクトな殺虫剤となったのです。それは、食用キャノーラ油もしくはナタネ油、大豆油、綿実油と、少々値段の張るオリーブオイルとの混合でした。

Cooking oil – the perfect pesticide

油のとれる種には、無脊椎動物の呼吸経路を妨害し動きを妨げる、ある物質が含まれているのです。ここで、Gan-Morはこの油の解決法を発展させようと考えたのです。政府は、ベイト・デガンにあるボルカニ研究所に、殺虫剤の使用を減らす農地を増大させるための工業用噴霧器の開発・改良の認可を下ろしました。イスラエルの企業ラズ・スプレーヤーズや、デガニア・スプレーヤーズは、現在このような噴霧器を世界中に売り出しています。

オーガニック代替品としてこの製品は市場に出されており、機械油乳剤や乳化剤の発展した噴霧器もあります。使用と収穫の間に待機期間を要する化学殺虫剤とは違って、新製品は収穫の後すぐに使用することができます。これは、環境や人々への健康被害が考慮されているためです。

油ベースの殺虫剤は、健康被害がなく、製造が容易で安価であるという点で、化学殺虫剤よりずっと優れています。より安全で一定期間貯蔵しておけるという点は言うまでもありません。いくつかの殺虫剤は、ホルモンバランスを破壊し、ガンや慢性神経毒を引き起こすと言われています。ボルカニ研究所、農業研究機構は、シェレフという会社と共にイスラエルの20の農場でオイル殺虫剤の使用を試す計画を策定しました。シェレフは、特定の農作物や条件に見合う油ベースの殺虫剤の開発の研究を進めています。この会社はすでに、希望する農家へオイル殺虫剤の販売を開始しています。

Via: Israel21c

Today's Top Articles:

Scroll to Top